慣れない新生活の疲れを上手に解消するには

新生活を始めたころは慣れることに必死ですが、ある程度生活が慣れてきた時期から何かと疲れを感じることが多くなってきます。

 

慣れない新生活の疲れを上手に解消するには

 


肌荒れや胃腸の不調など、諸症状が出てくると身体的にもツラくなってしまいますよね。
新生活の中で疲れを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

体を動かしてリフレッシュ


忙しさで身体を動かすことが減ってしまっていると思いますが、そのことが逆に疲れにつながっている可能性があります。
体を動かさないと筋肉が固まってしまい、肩こりや腰痛などが出てきてしまうことも。
定期的に運動をして、全身の筋肉を使ってあげましょう!
そうすれば血行も促進され、冷え対策にもなります。

また、運動不足で筋肉量が落ちてしまうと、基礎代謝も低下してしまい太りやすい体質になってしまいます。
疲れだけではなく、ブクブクと太ってしまわないためにも、ウォーキングやジョギングなどを生活に取り入れてくださいね。

 

 

ハーブティーでリラックス♪


バタバタと生活をしていると、落ち着いて座ってゆっくりとリラックスする時間も少なくなってしまいます。
疲れを感じたときは、ハーブティーで心身ともにリラックスをしてあげましょう。
イライラや不眠が気になる方は、ラベンダーティーがおすすめです。
気持ちを静めて精神を安定させてくれる効果があるので、眠りやすくなります。

頭痛などの症状が気になる場合は、レモンバームティーがおすすめです。
香りを嗅ぐだけでも気分が落ち着くので、エッセンシャルオイルをお風呂に入れてあげるのもいいかもしれませんね。
気分転換に、気になるハーブを自分で育ててみるのもおすすめです。

 

 

生活のリズムを整える


生活に慣れるまでは、起床時間や就寝時間がバラバラになってしまうことが多いですよね。
体内時計を整えるという意味では、毎日同じ時間に寝ることがとても大切になってきます。
平日疲れたからといって土日に昼まで寝てしまうと、身体を休めるどころか逆に疲れさせてしまうことになってしまいます。
朝はいったん起きてしまって、お昼寝などで睡眠をとるようにしましょう。
その際も数時間ではなく30分程度の昼寝にしておいてくださいね。

 

 

まとめ


疲れが次の日に残ってしまうと、仕事や家事などにも身が入らなくなってしまいます。
うまく疲れを解消して、日々健康的に過ごせるようにしましょう!
ハーブティーや運動、お昼寝など、ぜひ生活の中に取り入れてみてください。