自己処理脱毛で肌にできるブツブツの正体とは

ムダ毛を処理していると、まるで鳥肌のように毛穴がブツブツとなってしまうことはありませんか?
見た目もさることながら、肌触りも悪くなるので、かなり気になってしまいますよね。

 

自己処理脱毛で肌にできるブツブツの正体とは


どうして自己処理脱毛をしているとブツブツができるのでしょうか。その原因をチェックしてみましょう!

 

 

カミソリや毛抜きで起きるトラブル


ブツブツと肌触りが悪くなる原因の一つが「埋没毛」です。
皮膚の下でムダ毛が育ってしまう症状ですが、これは自己処理による肌ダメージが影響しています。
カミソリや毛抜きで脱毛を行うと、肌がダメージを受けてしまいます。
そして、刺激から肌を守ろうと、角質層が分厚くなり毛穴をふさぎます。
出口が塞がることで、新しく生えた毛が皮膚の下で育ってしまい、黒くボコっとした状態になってしまいます。

また、毛抜きを使うことで、無理やり毛を引き抜き周辺の皮膚が引っ張られてしまいます。
これが何度も繰り返されることで、毛穴が盛り上がってチキン肌になります。
毛穴の開きもひどくなるので、まるでイチゴ鼻のようなぽつぽつができてしまう場合もあるようです。

これらの症状は、自己処理時の肌への刺激で引き起こされています。
何もつけず乾燥した状態でカミソリを使ったり、何度も毛抜きで毛を無理やり引っ張るのはNGです。
正しい方法で自己処理を行わないと、ドンドン肌の状態が悪くなってしまいますよ。

 

 

ブツブツを改善するには?


1番の改善策は、当分刺激の強い脱毛をしないことです。
2~3日に1度自己処理を行う女性が多いですが、繰り返されることでダメージが蓄積されるので、治るものもなおりません。
最初は気にならなかったブツブツも、気がついたら立派なチキン肌.....という状況になりかねません。
そうはいっても脱毛をしないわけにはいきませんよね。

そんなときは、刺激の強い自己処理方法をお休みして、フラッシュ脱毛に変えてみるのもいいかもしれません。
家庭用脱毛器に使われているフラッシュ脱毛であれば、毛根のメラニンに刺激を与えて弱らせる効果があるので、徐々に毛の生えるスピードが遅くなります。
毛を無理やり引っ張って抜いたり、肌の角質を剃ってしまう恐れもないので、肌の負担を減らしながら、自己処理頻度を落とすことができます。
肌の負担が減れば、徐々にブツブツも改善していくことが期待できます。
とにかく、少しでも刺激の少ない脱毛に切り替え、肌をいたわってあげましょう。