毛抜きやテープの自己処理脱毛のコツとは?

1本1本しっかりと根元から抜ける毛抜きやテープは、サッと脱毛ができる簡単な自己処理脱毛方法です。

 

毛抜きやテープの自己処理脱毛のコツとは?


しかし、トラブルを起こしやすい脱毛法でもあります。毛を引き抜くと、肌はどういった状態になってしまうのでしょうか?
 

 

毛抜きやテープ(ワックス)によるムダ毛処理の方法とは


ドラッグストアや100円ショップなどで販売されていることから、毛抜きはとても身近な存在です。
腕や脚などの広範囲を1本1本抜くのは大変ですが、指の毛や眉毛など、細かい部分の脱毛にはとても便利です。
基本的には、毛をつかみそのまま根元から引き抜くといった処理方法です。

毛抜きによる処理はかなり地道な作業ですが、これを広範囲で一気にできるのが、テープやワックス脱毛です。
温めたワックスを肌に塗る、脱毛テープを肌に貼ることで毛を絡め、そのままベリっと引きはがして毛を抜き取ります。
肌に貼り付けて剥がすので、人によっては痛みを強く感じてしまう場合もあります。

 

 

毛抜きやテープ(ワックス)を使うと毛や肌はどうなるの?


毛を引き抜くため、カミソリに比べると次の毛が生えてくるスピードが遅いです。
しかし、抜いたからといって生えなくなるわけではありません。
根元から引き抜いて毛を処理してしまうと、次に生えてくる毛が皮膚の下に埋もれる埋没毛、毛と一緒に皮膚も引っ張られることから肌がぶつぶつと鳥肌状態になるトラブルが多いです。
毛を抜いた毛穴から雑菌が入ってしまうと、ニキビのような炎症を起こしてしまうことも....。
肌トラブルを起こさないためにも、できれば毛を無理やり引き抜くのは避けたい脱毛方法です。

 

 

毛抜きやテープ(ワックス)をうまく使うには


まず毛を引き抜きやすくするために、肌をあてたためて毛穴を広げておきます。
手で肌をピンと張り、その状態で毛をつかむ&絡めてあげます。
そうすれば、抜いている最中に毛が切れてしまうことが減ります。
毛抜きを使う際には、毛抜きを消毒しておいてください。

毛が流れている方向に合わせて引っ張り、毛穴が広がらないように注意しましょう。
最後に毛を抜いた場所を消毒して雑菌の侵入を防ぎ、冷やして毛穴を引き締めます。

毛抜きやワックス、テープ脱毛は、商品によって毛の抜きやすさが変わる場合が多いです。
あまりケチらず、スッと毛が抜けるような商品を選ぶようにしてくださいね!