カミソリやシェーバーの自己処理脱毛のコツとは?

ムダ毛を処理するのに、カミソリを使っている方が多いのではないでしょうか?
定期的に処理をしないとドンドン生えてきてしまうからこそ、自宅で手軽に使えるカミソリやシェーバーは、とても便利なグッズです。

 

カミソリやシェーバーの自己処理脱毛のコツとは?

 

しかし、正しい方法で使わなければ、肌を傷つける原因になりかねません。
今回は、カミソリやシェーバーを使った自己処理のコツを紹介していきます!

 

 

カミソリやシェーバーによるムダ毛処理の方法とは


市販のT字やI字カミソリやシェーバーを使い、肌の表面に滑らせてムダ毛を剃り落とします。
一見毛のみを剃り落としているように見えますが、実際は肌の表面にある角質も削ってしまっています。
剃ってしまえば、すぐにムダ毛がなくなりツルツルになり、1度に処理できる範囲も広いので、最もスタンダードな処理方法になります。
最近では、ヘッド部分に滑りが良くなるような工夫がなされた商品も多く、選択の幅も広がっています。

 

 

 

毛や肌はどういう状態に?


表皮に出ている毛を剃るため、それよりも奥深くにある毛を処理することはできません。
あくまでも表面のみなので、太い毛の場合毛穴が黒くぽつぽつ見えてしまうこともあります。
また、カットされた毛先が尖っているので、伸びてきたときにチクチクしてしまうことも!

一方肌に負担が掛かるのデメリットもあります。
毛と一緒に角質も剥がれているので、肌がかなりダメージを受けてしまいます。
炎症を起こしたような状態になるので、乾燥やかゆみにつながっていく場合も多いです。
間違った自己流の処理方法をおこなってしまうと、色素沈着や毛穴の開きが酷くなるので注意しなければいけません。

 

 

 

うまく処理をするためには


カミソリやシェーバーを使う前に準備を行いましょう。
事前に肌を温めておけば、毛や表皮が柔らかくなるので、肌への負担が軽減できます。
剃る際には、ボディーソープなどではなく、シェービングクリームやジェルを使ってください。
これにより、カミソリの滑りが良くなるため、摩擦ダメージが減ります。

また、毛の流れに沿ってカミソリやシェーバーを使うのもポイントの一つです。
流れに逆らって剃った方が毛をしっかり除去できますが、毛穴が傷ついてしまうため、毛穴を広げる原因になってしまいます。

最後に、沿った後の肌はとても敏感な状態になっているので、クリームなどでしっかりと保湿します。
赤みが出ている場合は、冷たいタオルで肌を冷やしてあげてくださいね!