家庭用脱毛器も痛いの?脱毛に伴う痛み

脱毛をするにはどうしても痛みが伴うもの.....。
脱毛方法によって程度は異なりますが、脱毛と痛みは切っても切り離せない関係にあります。

 

家庭用脱毛器も痛いの?脱毛に伴う痛み


家庭用脱毛器の痛みはどれくらいなのでしょうか?
様々な脱毛方法と合わせて、痛みについて紹介していきます。

 

 

 

脱毛の痛さはどれくらい?


まずは脱毛効果の高い医療系レーザー脱毛。
威力の高い単一のレーザーで毛根に熱を与えるため、効果は高いものの痛みが強いです。
毛が濃い部位ほど痛みが強くなるので、人によっては涙目になるほど痛いという場合も。
クリーム麻酔などで痛みを軽減してくれる病院もあります。

次に脱毛サロンや家庭用脱毛器に使われている光脱毛。
こちらは、レーザー脱毛とメカニズムは同じものの、複数の波長の光をあてるため、レーザーに比べて出力が弱いです。
そのため、痛みもかなり少なく、輪ゴムではじかれた程度になります。

ワックス脱毛も、最近では人気の脱毛です。
脱毛用のワックスを温めて塗り、毛とワックスをからませて一気にはがして毛を抜く脱毛方法です。
一瞬で毛を抜いてくれるので、すべすべ肌になります。
しかし、ベリッ!と一気に毛を引きはがすので、毛が太い場合は一瞬かなり痛みが生じます。

今まで紹介した脱毛法は、毛根から脱毛を行うものですが、サーミコンは毛を熱で処理する方法になります。
カミソリで毛を剃るのを、熱で代わりに焼き切るというイメージです。
そのため、毛根から毛をなくすというものではありません。
痛みはほとんどないので、痛みに弱い方でも安心です。
 

 

家庭用脱毛器の痛みを和らげるコツ


部位によっては、どうしても痛みを感じてしまうことがありますよね。
そんな時におすすめなのが、脱毛前に保冷剤で肌を冷やしておくことです。
こうしてあげることで、肌の感覚が鈍くなるので、痛みを感じにくくなります。
照射後に再度冷やしてあげれば、肌トラブルの防止にもなります。

また、出力を上げすぎないようにするのも、痛みを和らげるポイントの一つです。
初めから高出力にすると、毛が太い部分に強い痛みを感じてしまいます。
痛みが気になって脱毛器を使えなくなっては、意味がなくなってしまいます。
徐々に出力を上げて、肌に負担がないようにしましょう。

最近では、痛みを少しでも感じなくなるように配慮された商品が販売されています。
痛みに弱いという方は、脱毛器を選ぶ際にそういった機能がついているものを選ぶようにしましょう!