家庭用脱毛器は危険!?使用上のリスクとは

最近では脱毛といえば、病院やサロン、自宅などいろいろな方法で行うことができます。
家庭用脱毛器は自分で肌にあてて使うということもあり、本当に安全なのかどうか心配になってしまうこともありますよね!

 

家庭用脱毛器は危険!?使用上のリスクとは

 


家庭用脱毛器を使うと、どういったリスクがあるのでしょうか?

 

 

脱毛の仕組み


エステや家庭用脱毛器で使われるフラッシュ脱毛は、IPL脱毛とも呼ばれており、光のエネルギーを使った方法になります。
毛根のメラニンに作用し、毛根を弱らせてくれます。商社の威力がそれほど強くないため、医療機関でなくても使うことができます。

その一方でレーザー脱毛は、医療用のレーザーを使った脱毛方法です。
フラッシュ脱毛に比べて出力が強いため、より高い効果が期待できます。
しかし、威力が高いからこそ、痛みも生じてしまいます。
こちらは医療従事者出ないと扱えなくなっているので、病院で施術をしてもらう必要があります。
効果が高いぶん、料金も高くなりやすいです。

 

 

フラッシュ脱毛を家でおこなっても大丈夫なの?


指導を受けたエステサロンスタッフ以外でも、フラッシュ脱毛をおこなって問題ないのでしょうか?
基本的に家庭用脱毛器は、自分で使っても大丈夫なように設計されているので、安心して使うことができます。
しかし、脱毛効果があるということは、それだけメラニンに届くような光を扱っているということです。
適当に使って肌トラブルを起こしてしまわないよう、正しい使い方を身につけてください。

まずは説明書をきちんと読み、使用方法ややってはいけないことを理解してあげましょう。
光はメラニンに反応するため、ほくろやシミ、日焼けには注意するようにしましょう。
特に、夏の日焼けをしている時期に脱毛を行うのは要注意です。
光を目に当てるのは危険なので、面倒だからと言って付属のサングラスを外さないようにしてください。
どの脱毛器も、照射のレベルを変更できるような使用になっていますが、初めから高レベルの出力で脱毛を行うのはNGです。
最初に肌テストをおこなって問題がないか確認し、徐々にレベルを上げていくようにしましょう。
そうすれば、肌トラブルを起こさずに脱毛を進めることができますよ。

 

 

まとめ


家庭用脱毛器のリスクを紹介しましたが、いかがでしたか?
簡単&気軽に使えるものだからこそ、正しい使い方でトラブルのないようにしてください。
使用前には、しっかりと説明書を読んでくださいね!