家庭用脱毛器を上手に使うコツ

自分で脱毛をするのは大変そう.....。
家庭用脱毛器を使ってみたいと思っても、使いこなせる自信がないという方は多いです。
そんな家庭用脱毛器をうまく使いこなすには、いくつかのコツをおさえておくのがポイントです。

 

家庭用脱毛器を上手に使うコツ

 


今回は、家庭用脱毛器を上手に使いこなすコツについて紹介します!ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

事前準備が大切!


家庭用脱毛器は、メラニンに反応する光を使った脱毛なので、肌の状態を整えておく必要があります。
メラニンに反応するということは、もちろん日焼けやほくろにも反応してしまいます。
日頃から紫外線対策を行い、光が毛根に効率的に届くよう、肌を焼かないように気をつけましょう。

また、毛が伸びていると、毛のメラニンにも反応してしまい、パワーが弱まります。
事前にカミソリでムダ毛を剃って、しっかりと毛根に光が届くようにしてあげるのがポイントです。
カミソリを使うとどうして肌にダメージが及んでしまうので、脱毛時のダメージを分散させるためにも、できれば前日までにムダ毛を剃っておくのがおすすめです。

 

 

脱毛後の肌ケア


家庭用脱毛器を使う際に出る光は、毛だけではなく肌にも刺激を与えてしまいます。
脱毛後にしっかりとケアをおこなっていないと、肌が炎症を起こし色素沈着につながってしまうことも。
軽いやけどをしたような状態になっているので、保冷剤を使って肌を冷やしてください。
火傷や日焼けをした時と同じケアを行うイメージなので、冷やした後は保湿ケアを行います。
化粧水や保湿クリームで肌に潤いをチャージしてあげましょう。

 

 

手の届かない場所はどうすればいいの?


手の届きにくい背中は、自分でケアをするのが難しいですよね。
もれがないように、家族や友人に手伝ってもらうのが1番簡単な方法です。
そうすれば、脱毛器の光が届かないということもないので、背中全体にしっかりと照射できます。

手伝ってもらうのが恥ずかしいという方は、鏡をうまく活用して手の届かない場所に脱毛器をあててあげましょう。
多少無理な体勢にはなってしまいますが、鏡を使えばうまく脱毛器を使えますよ!

 

 

まとめ


ムダ毛のないつるつるのお肌は、女性であれば誰もが憧れるものです。
わざわざ指毛のためにサロンや病院に行くのは面倒ですが、家庭用脱毛器であれば、細かい部分にまでこだわって脱毛を行うことができます。
使い方のコツをおさえて、ムダ毛知らずの身体を目指しましょう!