家庭用脱毛器の基本的な使い方

腕や足などムダ毛は様々な場所に生えるので、ムダ毛処理をするのは大変ですよね。
女性として、モジャモジャ・チクチク状態を放置できないのがツラいところです。

 

家庭用脱毛器の基本的な使い方


医療脱毛やエステ脱毛など、脱毛の方法も多岐に渡りますが、最近は自宅で気軽に使える家庭用脱毛器が人気です。
一体どのような仕組みで脱毛ができるのでしょうか?

 

 

フラッシュ式脱毛器とは?


フラッシュ式脱毛は、エステサロンなどでも取り入れられている脱毛方法です。
IPL(Intence Pulsed Light)と呼ばれる光を使い、ムダ毛にアプローチします。

IPLはメラニン色素に反応するようになっているため、毛根にあるメラニン色素に反応して熱を発生させて脱毛を行います。
照射をして数週間で毛が抜け落ちるので、何度かそれを繰り返して徐々に毛の量を減らしていきます。

医療系で使われているレーザー脱毛に比べると威力は弱くなってしまいますが、痛みも軽減されるので、痛みに弱い方にはうれしいポイントです。

 

 

家庭用脱毛器の使い方


成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返し、毛は成長していきます。
この成長期の時期に脱毛をおこなえば効果がより高まるので、毛周期に合わせて脱毛スケジュールを組みましょう。

家庭用脱毛器を使う際は、まずムダ毛をカミソリやシェーバーで処理しております。
このとき、毛抜きでムダ毛を抜かないように注意してください!
照射レベルを調整できるようになっているので、まずは弱めから始め徐々に調整を行います。
脱毛したい部位に光をあて、少しずつ場所をずらしてあげます。

脱毛を終えた後は、保冷材などでしっかりと冷やし、肌のほてりを鎮めて保湿ケアをしてください。
商品によって微妙な違いはありますが、基本的に流れは同じです。
早く毛を減らしたいからといって、肌の様子を見ずに照射レベルを上げるのはやめましょう。
肌トラブルを起こす原因になりかねません!

好きな場所に使うことができるので、腕や脚だけではなく、お腹や指など細かい部分にも使うことができます。
空き時間をうまく活用して、ツルツル美肌を目指しましょう。

 

 

まとめ


エステや病院での脱毛は、予約が必要なのでスケジュール調整が大変です。
スキマ時間に気軽に脱毛を行うのであれば、自宅でできる家庭用脱毛器がおすすめです。
正しい方法で使えば少しずつ効果が実感できるので、地道に脱毛をおこなってあげましょう。