気になるお腹をすっきり!呼吸法ダイエット

普段呼吸をしているとき、身体の動きを意識したことはありますか?
何気なくおこなっている呼吸ですが、この呼吸の仕方を変えてあげるだけでダイエット効果があります!

 

気になるお腹をすっきり!呼吸法ダイエット

 


食事制限や運動はどうしても面倒になってしまいそうですが、毎日の呼吸をダイエットに活用できるのであれば無理なく続けることができそうですね。
呼吸ダイエットとはどういうものなのか、具体的な方法を確認してみましょう。

 

 

呼吸法ダイエットとは


腹式呼吸や胸式呼吸という言葉があるように、呼吸と一言でいっても様々な方法があります。
呼吸をすることで酸素が身体に行き渡りますが、呼吸が浅くなっていると十分な酸素が身体に入りません。
脂肪燃焼のために酸素は必要不可欠なので、深い呼吸で酸素を取り入れることがダイエットには大切になってきます。
また、お腹を意識して呼吸を行うことで、自然と筋肉を鍛えることができるので、お腹周りがシュッと引き締まってくれます。

 

 

呼吸法がなぜダイエット効果につながるのか


大きく呼吸をすることで肺が広がり、横隔膜に刺激が届いて血の巡りが良くなっていきます。
血流が良くなると、身体の隅々にまで酸素と栄養が行き渡り、冷え症改善にも繋がります。
また、酸素が行き渡ることで、脂肪が燃焼されやすくなります。
筋肉を意識しながら呼吸を行うことで、息を吸って吐くたびに筋トレをしているような状態になります。
インナーマッスルが鍛えられれば、内側からお腹周りが締まっていくので、見た目もかなり細くなります。
筋肉量が上がることで基礎代謝量もアップするので、リバウンド知らずの太りにくい身体を手に入れることができますよ。

 

 

呼吸法ダイエットのやり方


足を肩幅まで開いた状態で立ち、一度肩を上げておとし体をリラックスさせます。
息を大きく吸いながらお腹をへこませていきます。
次に、上半身を軽く曲げた状態で腕を前に出し、息を吐きだします。
このとき、腰から曲げるようにしてください。
12秒を目安に、お腹に力を入れたまま息を吐き続け腕を上に持ってきます。
6のカウントで息を吐ききり、そのままお腹に力を入れながらキープをします。
かなりシンプルな呼吸法ですが、1度やってみるとお腹周りがきつくなるのが分かるかと思います。
お腹に力を入れながら呼吸するだけでも筋肉を刺激できるので、通勤時間などのスキマ時間におこなってみるのもおすすめですよ。