くびれをつくる!腰回しダイエットの方法とは

今一番気になる部位はどこですか?
女性であれば、ウエストや腰回りが気になるという方が多いのではないでしょうか?

 

くびれをつくる!腰回しダイエットの方法とは

 


くびれは女性らしいボディラインに大切な要素でありながら、年齢を重ねるにつれて徐々にウエストが埋もれて寸胴体型になってしまう要注意部位です。
そんなお腹まわりをスッキリさせるダイエットとして、人気なのが「腰回しダイエット」です。
腰を回すだけというシンプルな動きなので、運動不足の人でも簡単に続けることができます。

 

 

腰回しダイエットとは


腰回しダイエットは、腰を回して動かしてあげるだけというダイエット方法です。
ベリーダンスやフラダンスなど、腰をしっかりと回すダンスをしている方は、ウエストがキュッとくびれていますよね?
あんなくびれは手に入らない...と感じてしまいますが、そんなことはありません!
腰をゆっくりと回してあげるだけで、お腹周りが驚くほどスッキリとしてくれますよ。

 

 

腰回しダイエットの効果


腰を回すことで、インナーマッスルを鍛えながら骨盤の位置を調整することができます。
私たちの内臓は、筋肉によって支えられています。
そのため、インナーマッスルが衰えてしまうと、内臓の位置が下がってしまい、ポッコリお腹の原因になってしまうことも。
骨盤が歪むと下半身の流れが悪くなるので、冷えやむくみの悪化にもつながります。

腰を回してインナーマッスルを鍛えれば、内臓が元の位置にもどり、骨盤の歪みを改善することができます。
それだけでも、代謝が上がるため痩せやすい身体になってくれます。
またインナーマッスルは、いわばコルセットのようなものなので、しっかりと内側を鍛えることでキュッと引き締まったお腹周りを手に入れることができます。

 

 

腰回しダイエットの方法


足を肩幅に開いて正面を向きます。
その状態で背筋を伸ばし、膝と股関節を緩めて動きやすいポジションを作ります。
上半身は固定したまま、腰をゆっくりと回してください。
このとき、浮き輪をつけている状態で、その内側をなぞるようなイメージで動かしてあげましょう。
呼吸は止めずに腹式呼吸をつづけ、お腹の筋肉が刺激されていることを意識してください。
まずは右に30回、左に30回から始めてみましょう。
まだまだ続けられる!という方は、左右合わせて5~10分程度おこなってみてくださいね。

 

 

まとめ


腰回しダイエットについて紹介しましたが、いかがでしたか?
場所も道具もいらないため、好きなタイミングで行うことができます。
テレビを見たり音楽を聴きながら腰回しダイエットをすれば、それほど負担なく続けることができそうですね。