顔のくすみ、赤みのあるくすみの原因と改善法は?

白くて透明感のある肌は、女性であれば誰もが憧れてしまいますよね?
そんな美肌を目指す女性にとってくすみは大敵!

 

顔のくすみ、赤みのあるくすみの原因と改善法は?


顔全体が茶色くなったり、黄みがかったりと鏡を見るたびに憂鬱になってしまいます。
くすみといえば黄色や茶色、黒ずんだといったイメージがありますが、実は赤みのあるくすみも存在するのです。

 

 

赤みのある「赤くすみ」とは


赤くすみは、肌の奥のほうから出ているような赤黒い状態を指します。
頬や小鼻のわきが赤みがかっている方は、赤くすみの可能性が高いです。

肌バリア機能が低下した状態で肌が炎症を起こすと、表皮だけではなく真皮などの奥のほうまでダメージを受けています。
そのダメージが真皮の毛細血管にまで及ぶと、赤い色素たんぱく質が沈着してしまい赤くくすんだように見えてしまいます。

他にも肌のターンオーバーの乱れで、古い角質がどんどんたまることで肌が赤黒く見えてしまうこともあります。
肌を触ってみてザラザラやゴワゴワを感じるようであれば、それは角質がたまっている証拠です。

 

 

赤くすみに見えるその他の原因


赤くすみ以外には、どういった原因で顔が赤くなるんでしょうか?
みなさん心当たりがあると思いますが、ニキビができた後に赤みだけが引かない..ということがありますよね?
ニキビはそのものだけではなく、周辺の皮膚も炎症を起こすので、全体的に赤みが出てしまいます。
またニキビを触ってしまったり、何度もニキビができてしまうと、真皮や皮下組織にダメージを与えてしまい、結果として赤くすみと同じように赤い色素が沈着してしまいます。

他にも毛細血管拡張症により、顔が赤くなっているという場合もあります。
毛細血管が拡張すると血流が増え、表皮を通して赤みが透けて見えるようになってしまいます。
血管が拡張したままなので、赤みがそのままになってしまい、常に赤ら顔になってしまいます。
このように、顔が赤く見える症状も、原因は様々なものがあるようです。

 

 

赤くすみを改善するには


メイクで隠せても、すっぴんになると顔が赤い、という状態も気になってしまいますよね。
まずは自宅で簡単にできる方法で、赤くすみを改善していきましょう。

第一に行うべきは、食生活の改善です。
香辛料やアルコール・カフェイン・タバコは、赤みの原因になると言われています。
すべてをやめるのは無理だと思うので、摂りすぎている自覚のあるものから、少しずつ量を減らしていきましょう。

仕事中にコーヒーをよく飲む方は、ノンカフェインのお茶に置き換えてみてください。
タバコも美肌の大敵なので、禁煙するか、少しずつ減らすのをおすすめします。

次にスキンケアの見直しを行います。
普段何の気なしに利用しているスキンケアですが、実は肌に合っていなかったり、使い方を間違っていることがあります。
肌は季節ごとでもその性質が変わってくるので、昔は大丈夫だったと思い込まず、改めて本当に肌に合っているのかどうかを確認してみてください。

一気に変えるのは難しいという方は、まずは洗顔料を見直してみてください。
洗顔のしすぎや肌に刺激を与えるような洗い方をしていると、赤ら顔の原因にもなってしまいます。
優しく洗っても汚れはしっかりと落ちるので、肌に負担をかけないように洗うのがポイントです。
赤み専用の化粧品も用意されているので、赤みが気にならなくなるまで、専用の化粧品に切り替えてしまうのもいいかもしれません。

 

 

まとめ


女性にはメイクという武器があるので、どうしてもカバーすることに意識が行きがちです。
ですが素肌をしっかりと整えてあげれば、化粧の時間や使う道具も減り、毎日のメイクが楽になりますよ!
自信をもってすっぴんになれるような美肌を目指し、赤くすみをケアしていきましょう。