気軽に挑戦できる!縄跳びダイエットとは

子どもの頃によく遊んだ縄跳びですが、最近縄跳びをしたことはありますか?
あや跳びや二重跳びなど、様々な跳び方がありましたよね。

 

気軽に挑戦できる!縄跳びダイエットとは

 


この縄跳びですが、実はダイエット効果が期待できると言われています。
縄跳び一つで簡単にできる「縄跳びダイエット」について、詳しく見ていきましょう。

 

 

縄跳びダイエットとは?


ボクサーがトレーニングで縄跳びをしていることが多いですが、縄跳びは有酸素運動に含まれるエクササイズです。
1日に10分~20分程度飛び続けるだけで、場所を移動することもないので、ウォーキングや水泳などが面倒な人におすすめのダイエット方法です。
縄跳びさえあれば大丈夫なので、コストもほとんどかかりません。全身のエクササイズになりますが、ジャンプをすることで特に下半身が鍛えられると言われています。
女性は下半身の筋肉が少ない場合がほとんどなので、女性にぴったりのダイエット方法と言えるかもしれませんね。

 

 

なぜ縄跳びで痩せることができるのか


有酸素運動は、脂肪を燃焼するのに効果的な運動です。
縄跳びはこの有酸素運動に含まれるため、飛んでいるだけで自然と脂肪が燃焼されるようになります。
下半身を重点的に使うことで、太ももやふくらはぎの筋肉が鍛えられるため、血液やリンパの流れが改善されていきます。
そうすることで溜め込みにくい体質になるため、むくみ予防はもちろんのこと、太りにくい身体になっていきます。
また、下半身だけではなく、縄を回すときに腕の筋肉を刺激することができます。
二の腕の引き締め効果も期待できそうですね!

 

 

縄跳びダイエットの方法や注意点


縄跳びダイエットの方法はとてもシンプルで、縄跳びを飛ぶだけです。
ストレッチやウォーミングアップでしっかりと体をほぐし、縄跳びを開始してください。
このとき、できれば20分以上続けるようにしましょう。

いざ跳んでみると、昔とは異なりそのキツさに驚くかと思います。
まずは1分間跳び続けられるようにするようにし、徐々に時間を長くしていくようにしましょう。
連続して飛ぶことで、膝などに負担がかなりかかってしまいます。
準備運動は必ず行うようにして、地面が柔らかい場所で飛ぶようにしてくださいね。

大きくぴょーんと飛ぶというよりは、小さく跳んであげることがポイントです。
かかとをべたっと付けるのではなく、つま先で低く飛んであげるのがおすすめですよ。