顔のくすみをなくして肌の透明感をアップ!

日焼けもしていないのに、なんだか肌がワントーン暗く見える…。
その原因は顔のくすみにあるかもしれません!

 

顔のくすみをなくして肌の透明感をアップ!



肌がくすんでいるだけで老けた印象や暗い印象になってしまうため、くすみは女性の大敵になります。
くすみをケアしているだけで、肌の透明感がアップしてワントーン明るく見せることができますよ。

 

 

顔がくすむとどうなる?


顔がくすむと暗い印象に見えてしまいますが、他にはどのようなマイナス面があるのでしょうか?
くすみがあることで、老けて見えたり、シミやシワが目立ってしまいます。
顔は人の印象を決める1番のポイントです。そこに影響が出てしまうなんて困りますよね。

くすみなのかどうか分からないという方は、髪の地肌と肌を比較してみましょう。
両者の境目がはっきりとしていると、くすみがひどい可能性があります。

 

 

顔のくすみを改善する対策


そんな困ったくすみは、しっかりと対策をとれば改善することができます。
明るい印象を与えるためにも、くすみをケアして透明感のある肌を目指しましょう!

 

 

保湿、乾燥対策


乾燥によるくすみには、保湿対策が重要になってきます。
乾燥はくすみ以外にも様々な肌トラブルを引き起こすので、特に注意しておきたいポイントです。

ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分が配合されている商品を使い、スキンケアを行いましょう。
化粧水の後には、蓋をするように美容液や乳液をパッティングすれば肌の保湿力をキープできます。
オフィスの空調などで肌がカサカサになってしまうこともあるので、ミストを持ち歩くのもおすすめです。
冬場であれば、マスクを活用するのもいいかもしれませんね。

 

 

血行を良くする


血行不良もくすみの大きな原因です。
デスクワークだとどうしても運動不足になりがちですが、意識をして体を動かすようにしてください。
トイレに行くときには肩を回す、週に1,2回ウォーキングをするなどまずは簡単な内容から始めましょう!
他にも顔の体操をして顔の血行を良くする、入浴をして体全体の血のめぐりを良くするのも効果的です。

 

 

脂質や糖質を抑えた食事


以前に比べるとオークル系のファンデーションを使うことが増えたという方は、黄ぐすみが悪化しているかもしれません。
黄ぐすみの原因は、食生活にあります。脂質や糖質の多い食事をとっていると、脂肪の分解物or糖&たんぱく質が結びついてしまい、黄色くくすんで見えるといわれています。
まずは野菜中心の食生活に変えてみてください。意識して油分を抑えれば、肌の調子も良くなってきますよ。

 

 

くすみを一瞬で消して透明感を出すアイテム


そうはいってもどれも時間がかかりそうで、とにかく今すぐくすみをどうにかしたい!という方におすすめの方法が、色のパワーを使って透明感を出す方法です。
「コントロールカラー」という商品名を耳にしたことがある方も多いのでは?
このコントロールカラーをくすみ別に色を使い分ければ、すぐにでも顔のくすみをカバーできますよ。

血行不良によるくすみには「ピンク」、乾燥くすみは「パープル」、黄ぐすみには「パープル」、メラニンくすみには「イエロー」がおすすめです。
どれを買えばいいのか分からないという方は、万能な「イエロー」をまずは購入してみてくださいね。
ファンデーションを使う前に、指でたたき込むようにつけてください。

 

 

まとめ


くすみについて紹介してきましたが、いかがでしたか?
くすみには色々な原因があり、それによって対策が異なりましたね。
まずは自分のくすみがなぜ起きているのかということを考え、効率的にお肌をケアしていけるようにしましょう。
長い目でみて肌ケアをしつつ、コントロールカラーをうまく活用して今の肌をカバーしてしまいましょう!