清潔なメイク道具が美肌につながる!化粧パフのお手入れ方法

「最近妙に肌荒れをする」「ファンデーションのつきが悪くなった」こんな悩みはありませんか?
その原因は、もしかしたらメイク道具にあるかもしれません。
毎日使う化粧パフですが、マメにお手れするのは大変ですよね。

 

清潔なメイク道具が美肌につながる!化粧パフのお手入れ方法

 


しかし、汚れた化粧パフを使っていると、様々な肌トラブルを起こしてしまいます!

 

 

メイク道具の汚れに注意!


1週間全く洗わずに使い続けたパフやスポンジは、どれくらい汚いと思いますか?
数万個の雑菌が繁殖し、なんとトイレの床よりも汚いと言われています!
そんな汚いものを毎日肌につけているなんて、恐ろしいですね。
雑菌が肌についてしまうことで、ニキビなどの肌荒れの原因にも繋がってしまいます。

また、汚れをそのままにしておくことで、メイクのノリも悪くなります。
使い始めたころとなんだか使用感が違うな....と感じるようであれば、汚れの影響で本来のつけ心地がなくなってしまったのかもしれません!

 

 

洗う頻度や捨てるタイミングはどうすればいいの?


1度ベースメイクをするだけでも、パフやスポンジはかなり汚れてしまいます。
本当であれば毎日洗ってあげるのがベストですが、さすがにそれは手間がかかります。
最低でも1週間に1度は洗って、清潔な状態をキープしてあげましょう。
なるべくきれいな部分を使ってメイクができるように、メイクの際にはパフやスポンジの前面を使うのではなく、一部を使って汚れが被らないようにしてみてください。

何度か洗って使っていると、ある段階からパフやスポンジの手触りが悪くなってしまいます。
この状態になったら、捨て時になります。
商品によって持ちは異なりますが、使って違和感が出始めたら、新しい道具を買うようにしてください!

 

 

パフとスポンジの洗い方


まずはパフやスポンジをぬるま湯にひたし、数分おいておきます。
クレンジングや固形石鹸をこすりつけ、揉み込むようにして汚れを浮かせます。
1度洗い流し、汚れが落ちるまで石鹸やクレンジングをつけて流す作業を繰り返してください。
最後にタオルでパフとスポンジを挟み、上から手を押し当てて水分を取ります。
風通しが良い場所で、乾かしてあげれば洗浄完了です。
市販のスポンジorパフ専用洗剤を使う場合は、説明書通りの使い方をしてください。
洗うのがいちいち面倒という場合は、100均に売っているスポンジを活用して使い捨てにするのも一つの手ですよ。