顔のくすみを一瞬で消す!おすすめ下地とは

顔の印象を暗くしてしまう「くすみ」は女性の大敵です。
くすみの原因は、血行不良や油やけ、肌のターンオーバーがうまくいかず角質がたまっているなど様々なものがあります。
ですがどれも改善するには時間がかかるという難点があります。

 

顔のくすみを一瞬で消す!おすすめ下地とは


すぐにでもどうにかしたい!とう方に朗報です!
女性には化粧という武器があります。
下地をうまく使いこなせば、すぐにくすみをカバーできますよ。
くすみの原因によって使う色が変わってくるので、それぞれ何がおすすめなのかを紹介していきます。

 

 

血行不良のくすみ


血行不良が原因の場合、肌が青白く見えてしまいます。
お風呂上りなどは顔色が良いのに、普通の時の色が青白い方は血行不良が原因なことが多いです。

足りない色を補ってあげればいいので、血行不良の場合は「ピンク」の下地を使いましょう!
ピンクを足してあげるだけで、一気に顔色が明るくなるので驚くこと間違いなしです。

 

 

乾燥によるくすみ


乾燥によるくすみの場合は、全体的に肌のツヤがなくなってしまいます。
肌がカサカサしていると、肌のあらが目立ちやすいというマイナス面があります。

そんなカサカサツヤなしの肌には、「パープル」の下地を使ってみましょう。
肌に透明感を与えツヤっぽい仕上がりになります。
また、乾燥対策の意味も込め、保湿力のある商品を選ぶのがおすすめです。

 

 

メラニンによるくすみ


シミや目元のクマなどは、顔を一気に老けさせてしまいます。
ここを隠すだけでも、顔がかなり若く見えます!

そんな茶色がかった色味には、「イエロー」や「オレンジ」の下地が一押しです。
特にイエローはかなり万能なので、色々カバーをしたいけど何を買えばいいのか…というときには、とりあえず1つ購入しておくのがおすすめです。
目元に使うという場合には、保湿成分があるものを薄くつければよれにくいです。

 

 

黃くすみ


肌全体が黄色くくすんでいる場合は、肌に透明感をプラスする色味が必要になります。
「パープル」や「ブルー」は、肌の透明感を出し明るい印象にしてくれます。
黄くすみがひどいと、日焼けをあまりしていなくても焼けているように見えてしまいます。
下地で透明感を出すと、色白に見せることもできますよ!

 

 

下地の使い方のコツ


下地をうまく使い気になるポイントをカバー&崩れにくくするにはいくつかのポイントがあります。
まずは、「部分用」と「全体用」を使い分けることが重要です。

よく見てみると、商品によって部分用と全体用があります。
ピンポイントで気になる部分がある方は、部分用をいくつか使ってカバーをしましょう。
反対に全体的にくすみが気になる、顔色が気になるという方は、全体用を使うのがおすすめです。

もう一つ大切なことは、塗る順番です。
ファンデーションの前に塗りますが、部分用と全体用で少しタイミングが異なります。

 

 

下地の正しい塗り方

 

 


全体用は化粧下地の役割も兼ねているので、通常の下地と同じ使い方をしましょう。
① 手の甲にパール大に出す
② 指でなじませ、頬・おでこ・鼻・あごにのせて外に向かってのばす
③ スポンジでなじませる
このスポンジでなじませる動きが、崩れにくくするポイントです。
フェイスラインもうまくなじませるようにしてくださいね。

部分用の場合は、まず化粧下地を顔全体に塗ってください。
そのあとに、指先にコントロールカラーを出し、気になるところになじませていきましょう。
指先でぽんぽんと乗せるようになじませるのがポイントですよ!

 

 

まとめ


さまざまな下地活用方法がありましたがいかがでしたか?
色の力を味方につければ、すぐに顔のくすみをカバーできそうですね!
自分の悩みにあわせて、色を選んでみてくださいね!