男性とは異なる女性の「ストレス」その影響とは?

大勢の人前で話すとき、はじめての環境に身を投じるとき...日常生活において、私たちは様々なストレスにさらされています。

 

男性とは異なる女性の「ストレス」その影響とは?


同じ出来事でも、人によってはストレスに感じるかどうかが変わってくるため、その影響には個人差があります。
またそれだけではなく、男性と女性ではストレスの影響も異なると言われています。
なぜ性別でストレスの度合いが変わってくるのでしょうか?

 

女性はストレスの影響を受けやすい?


一般的に、女性の方がストレスの影響を感じやすいと言われています。
それにはホルモンが関わってきます。
女性ホルモンのバランスが乱れることで、吐き気や月経の際の不調、便秘や下痢などの様々な身体の不調が出てきてしまいます。
こういった細かい症状が出てしまうため、ストレスのある状況下に居続けると影響を感じ取りやすいのです。
これらの症状の中でも特に肌は敏感なので、少しストレスを感じただけでもニキビやシミ、湿疹ができてしまうこともあります。
自覚症状がなくても、なにかしら表に出てきてしまうことで「自分は今ストレスを感じているんだ」という意識になってしまうので、ストレスの負のスパイラルに突入してしまうこともあります。

 

 

ストレスの原因


一般的に、真面目で責任感が強い人ほどストレスを感じやすいと言われています。
こういった人は特に仕事関係でストレスを感じることが多く、頑張りすぎてしまうタイプで、気が付いた時にはかなりストレスが蓄積されていることが多いです。

仕事以外にも、家庭環境や人間関係などでもストレスは溜まってしまいます。
人との関係だけがストレスにつながるわけではありません。
気温や湿度、臭いや騒音などの環境もストレスへつながると言われています。

このことから、私たちは生きているだけで様々なストレスを感じてしまうことが分かりますね。
また女性には、ダイエットや更年期障害、育児などのストレス要因も存在します。
通常のストレスに比べ、女性特有の原因もあることから、女性は男性に比べて特にストレスを受けやすい環境で生活しているとも言えます。

これらのストレスを取り除くには、原因と向き合う必要があります。
ストレス要因にもよりますが、原因となるものを回避したり、誰かに相談したり、自分なりのストレス発散方法を持つことが大切になってきます。
また、ストレスは全て悪というわけではありません。
気持ちのメリハリをつける意味でも、適度なストレスは私たちにとって必要な存在です。
ストレスの内容を改めて考え、自分にとってそれはプラスなのかどうか、身体に影響はないのかなどを考え、より良い生活を送れるように向き合ってみましょう!

 

ストレスによる、女性特有の辛い症状とは?

ストレスから生じる様々な症状。
特に女性には特有の内容があるため、男性に比べるとストレスを敏感に感じ取ってしまいます。
ストレスといえば胃炎や下痢などの症状を想像しますが、女性特有のストレスによる症状はどのようなものがあるのでしょうか?
その症状と改善方法についてチェックしていきましょう!

女性特有の症状として最も出やすいのが、月経に関する症状です。
ストレスを感じることで、月経周期が乱れてしまったり無月経になる場合があります。
女性ホルモンが乱れることが要因ですが、この影響は月経以外にも出てきてしまいます。
便秘と下痢を繰り返す、抜け毛が酷くなる、片頭痛や月経前の頭痛など、その症状は多岐にわたります。

これらは女性特有の内容です。
慢性的な疲労、肌荒れ、拒食症、吐き気、鬱など、通常の症状なども起こることを考慮すると、ストレスが身体に与える影響が非常に大きいことが分かります。

こういったストレスを改善するには、どうしたらいいのでしょうか?
まずは、ストレスとうまく向き合っていくことが大切になります。
ストレスの原因が何なのかを明確にし、避けられるものなら避け、それが無理なのであれば別の部分でストレス解消を行っていきましょう。
自分の時間を確保して好きな音楽を聴いたり、スポーツをして身体を動かすなど、自分なりのストレス解消法を身につけてください!
お風呂にゆっくりとつかったり、マッサージに行くだけでもかなり気持ちが軽くなるはずです。

それにプラス、ストレスに効く食品を取り入れることも効果的です。
ビタミンA・C・Eはストレスに特に有効とされていて、ニンジンやブロッコリー、トマト、サツマイモなどに多く含まれています。
積極的に料理に使ってみてくださいね。

他にも、ビタミンBやマグネシウム、カリウム、カルシウムもおすすめです。
ビタミンBには、中枢神経を強化する効果があり、キャベツやアボカドなどに含まれています。
食品で摂取するのが面倒という場合は、サプリメントをうまく活用して、効率的に栄養素を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

ストレスは、そのままにしておくとドンドン蓄積されていき、様々な症状を引き起こしてしまいます。
諦めて放置するのではなく、ストレスを解消する方法を身につけてうまく対処するようにしましょう。
1度体調を壊してしまうと、元の状態に戻すのはなかなか大変です。
身体が悲鳴を上げる前に、しっかりとケアをしてあげてください。
 

 

働く女性はストレスフル?働く女性に多いストレスとは

男性よりもストレスに弱いと言われることが多い女性ですが、働く女性はよりストレスを抱えやすい環境に身を置いています。
日々の人間関係などの悩みに加え、仕事の悩みが生じることで体調にも影響が出てきてしまいます。
働く女性には、どのようなストレス要因があるのでしょうか?
その原因と対処方法について考えていきましょう。

エン・ジャパンが1,304名を対象に実施した調査では、女性9割超が仕事でストレスを感じると回答をしています。
ストレスを感じる理由の1位は、「上司との人間関係」「給与が低い」が43%で同率となっています。
仕事上や飲みの場で、男性の上司からセクハラを受けるというパターンも多く、性別上の悩みが切っても切り離せないことが分かります。

また他にも、女性ならではの悩みとして、同性からの視線や嫌味が気になるという方も多いです。
ランチや休憩も何かとグループ行動を強要されたり、身だしなみをチェックされてしまったりすることもあり、仕事以外の面でも気が抜けません。
うまく立ち回れるようにしていけばいいとはいうものの、どうしてもストレスを感じてしまうのが現状です。

こういった働く女性のストレス要因は、完全に消すことは難しいです。
そのため、いかにうまくストレスを発散してため込まないかということが重要になってきます。
1番効果的なストレス解消法は、誰かに相談をしてスッキリしてしまうことです。
休日に心を許せる友人とランチに行き、思い切り自分の気持ちを出してしまうのがいいかもしれませんね。

感情を閉じ込めずにオープンに出すことは、ストレスを解消するうえで大切なポイントだと言われています。
笑ったり泣いたりすると、気持ちが軽くなりますよね?
友人に話すのが難しいという場合は、泣ける映画や笑えるTV番組を見て、感情を開放してあげましょう。

また、自分に厳しくしすぎないことも、ストレスをため込まないためのポイントです。
「こうすべき・こうあるべき」という考えを持っていると、現状がズレることで必要以上にストレスを感じてしまいます。
柔軟な考えをもち、「まぁこれでもいいかな」と割り切って考えることで、ストレスを軽減することができます。

ストレスに負けないためには、自分なりのストレス発散方法を持っておく必要があります。
おいしいものを食べたり、ゆっくりと眠ったり、ショッピングを楽しんだり、スポーツで体を思い切り動かすなど、人によって内容は様々です。
働く女性にとって、毎日はストレスの連続です。
ある程度の気持ちの割り切りと、自分なりのストレス解消法で、心身ともに健康な状態をキープしてあげましょう。

 

ストレスによる「抜け毛」の原因と対処法とは

「最近、髪がよく抜けている気がする...」そんな抜け毛の悩みはありませんか?
年齢とともに量が減っていく場合もありますが、その原因はもしかしたらストレスかもしれません!
一体どうしてストレスで抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

 

ストレスが原因の抜け毛にはこんなものが!


ストレスが原因で生じる抜け毛は、「円形脱毛症」であることが多いです。
名前の通り円形に髪が抜け落ちてしまう症状で、かなり目立ってしまい、それがまたストレスにつながるという、負のスパイラルに突入してしまいます。
ストレスで毛が抜ける場合は、毛根の色が黒く、急にごっそりと髪が抜けると言われています。
抜け毛の原因がストレスかな?と疑問に思った際には、その2つをチェックしてみてください。

 

 

どうして髪が抜けるの?


ストレスで髪が抜ける原因には、大きく2つの理由があります。
一つは、亜鉛の影響です。髪が育つには、亜鉛がとても重要な栄養素になります。
ストレスを感じてしまうと、亜鉛が大量に消費されてしまい、髪のために必要な亜鉛が足りなくなります。その結果、髪が育ちにくくなってしまうのです。

二つ目は、自律神経のバランスの乱れです。
自律神経が乱れてしまうと、血流が悪くなってしまいます。
頭皮に血流が行き渡らなくなると、隅々にまで栄養が届かず、土台となる頭皮が不健康な状態になります。
土壌が悪ければ作物が育たないように、そのような状態では髪もうまく育ちません。
それにプラス、ストレスにより男性ホルモンの分泌が多くなってしまうので、そのことも抜け毛につながってしまいます。

このように、抜け毛とストレスには密接な関係があると言えますね。

 

 

ストレスに負けない髪を作るには


何よりも大切なことは、ストレスをためないことです。
運動をしたり友人とおしゃべりを楽しんだりと、定期的にストレスを発散してあげましょう。
好きな音楽を聴いたり、ゆっくりとお風呂につかるだけでもリラックスができます。
アロマをうまく使って、香りでリラックスをするのもおすすめですよ!

次に、頭皮の血流を良くして、栄養が行き渡るような土台作りをしましょう。
シャンプーの際には、一緒に頭皮マッサージを行ったり、育毛剤を使ってマッサージを行うのが効果的です。
まだ抜け毛がそれほど気にならない場合も、予防の意味を込めてマッサージをしてあげてください。

最後に、足りなくなった栄養素を摂取して、髪が育つサポートをしてください。
亜鉛やたんぱく質、ミネラルを多く含む食材を積極的に食べてください。
サプリメントを使えば、負担なく栄養を補給することができるので、ぜひ活用してみてくださいね。

 


「ストレスから抜け毛、抜け毛からストレスを増える」という流れが1度できあがってしまうと、どうしても簡単には解消できません。
睡眠と食事、ストレス発散をしっかりと押さえておけば、必ず抜け毛は改善が期待できます。
あまり悩みすぎずに、抜け毛の予防&改善を行っていきましょう。

 

 

産後に「抜け毛」が増える原因とは?

出産という一大イベントを乗り越えたママさんには、様々な悩みがあります。
その中でも産後の抜け毛に悩む方はとても多いです。
抜け毛といえばストレスが原因であることを想像しますが、特に心当たりがない場合はなぜ抜け毛が酷くなるのでしょうか?
今回は、産後に抜け毛が増えてしまう原因について紹介していきます。

出産後の抜け毛の大きな原因は、ホルモンバランスの乱れです。
女性には、エストロゲンとプロゲステロンという、大きく2つの女性ホルモンがあります。
通常時は両者が交互に優位に動くのですが、妊娠をするとどちらも分泌量が増えます。
これらのホルモンのおかげで出産を安全に行えるのですが、産後はこのホルモンが一気に元の状態に戻ろうとします。
エストロゲンには髪の成長を促し、プロゲステロンには髪の状態を維持する働きがあります。
そのような働きがあるホルモンが急激に減少してしまうので、抜け毛を起こしやすくなってしまうんですよ!

また、慣れない育児による生活習慣の乱れや、産後の無理なダイエットも抜け毛に影響してしまいます。
ホルモンバランスの乱れに加え、睡眠不足や栄養不足も抜け毛をひどくする要因になってしまいます。

そんな抜け毛を改善するにはどうすればいいのでしょうか?
まずは、抜け毛を気にしすぎないことです。すでに紹介したように、抜け毛の大きな原因はホルモンバランスの乱れです。
一般的には、産後の抜け毛は一時的なものと言われているので、ホルモンバランスが元に戻れば自然と抜け毛も解消されていきます。
あまり気にすると、それがストレスとなって抜け毛が悪化する場合があります。
「ホルモンの影響で仕方ないんだ」という気持ちでいることがポイントです。

より早くホルモンバランスを整えるためには、イソフラボンを積極的に摂取するのがおすすめです。
イソフラボンにはエストロゲンと似たような作用があるので、大豆製品を食べるようにしましょう。
他にも、生活習慣や食生活を見直して、髪が育ちやすい環境を作ってください。
授乳の時間を考えると睡眠不足になりがちですが、うまく生活のリズムを整えて規則正しい生活を送ってあげましょう。
合わせて、必要な栄養をしっかりと補給できるように、バランスの良い食事をとったり、サプリメントを飲んだりして調整をしてください。

育児に忙しく自分のことは後回しになりがちですが、そういうときこそ自分の身体をいたわってあげるようにしましょう!
一人で抱え込むのではなく、周りの協力を得て生活を送れば、心身ともに安定した状態をキープでき、産後の抜け毛もより早く改善することができますよ。

 

「ストレス太り」ダイエットしても痩せない理由は

ストレスがたまっていると、体重増加率が高い!
更に、一度増えた体重が一向に戻らない・・・そんな悩みはありませんか?
昔はすぐに引き締めることができた身体も、年々落ちにくくなってしまいます。
ストレスからくる体重の増加は、特に落としづらいですよね。太った原因はどこにあるのでしょうか?

 

ストレスでなぜ太ってしまうの?


まずは食べ過ぎを疑ってみましょう。それほど食べる量は増えていないとしても、それぞれのカロリー量が増えている可能性があります。
思っているよりもカロリーが高い料理が多くあるので、気づかないうちに食べ過ぎている場合が多いです。

また、ストレスから食欲が減ってしまうことも太る原因の一つになってしまいます。
量が減れば逆に痩せそうですが、急激に食事量が減った場合、脳が少ない量から栄養をしっかりと吸収して蓄えようとします。
その結果、食べる量は減ったのに、太ってしまうという現象が起こってしまいます。

こういった食事面の問題もありますが、ストレスはそれ以外にも大きな影響を与えます。
過剰にストレスがかかると、コルチゾールが増加してしまいます。
このコルチゾールはストレスホルモンとも言われていて、脂肪がつきやすい体質に身体を変えてしまいます。
そのため、脂肪の燃焼や代謝の効率が悪くなり、生活のスタイルが変わらなくても徐々に太ってしまいます。
何もしていないのに太ってしまうので、そのことがまたストレス要因となってしまう場合もあるのです。

 

 

睡眠不足も影響する?!


ストレスを過剰に感じているとき、寝つきが悪くなったり、熟睡できなかったりすることがありますよね。
人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、このホルモンは「痩せホルモン」とも呼ばれています。
このホルモンの分泌により、寝ている間でもカロリーが消費されます。

成長ホルモンは、熟睡することによってより多く分泌されます。
そのため、ストレスで寝不足や不眠になってしまうと、それだけでも1日の消費カロリーが減ってしまいます。
一晩熟睡すると、約300キロカロリーが消費されると言われているので、一週間に換算すると、寝ているだけでも2,100キロカロリーが消費されています。
これが不眠だと90キロカロリーにまで低下するので、1週間で630キロカロリーになります。
約3倍もの差が出てしまうことを考えると、睡眠の影響の大きさを感じますね!


ストレス太りといっても、原因は様々なものがあります。
うまくストレスを発散しながら食生活や生活習慣を変えていくことが、ストレス太り解消にとても重要になってきますよ。

 

ストレスがたまった女性の行動No1は「過食」

ストレスを感じるととにかく食べたくなる!そんな行動をとってしまう女性は多いのではないでしょうか?
ついつい揚げ物や甘いものなどを食べてしまい、過食に走ってしまうのにはどういった理由があるのでしょうか?

 

ストレスと過食の関係には、セロトニンという物質が大きく影響を及ぼしています。
このセロトニンは神経伝達物質の一つで、心のバランスをコントロールする働きがあります。
そのため、セロトニンが不足してしまうと精神が不安定になり、よりストレスを感じやすくなります。
この悪循環に陥ってしまうと、ドンドンストレスが蓄積されてしまいます。

 

また、精神が不安定になるだけではなく、セロトニンが不足してしまうと、食事をしていても満腹感が得られなくなってしまいます。
そうすると必要以上に食事をとってしまい、最終的に過食へとつながっていきます。

 

人間はストレスを受けると、それが視床から大脳皮質に伝わっていきます。
そこから視床下部の室傍核へ伝わりますが、この室傍核にストレス情報が行くことでセロトニン神経の動きが抑えられてしまいます。
結果、セロトニンが不足してしまうという現象が起きてしまうのです。

 

こういった体の動き以外に、無理なカロリー制限も過食につながる原因の一つです。
とにかく炭水化物を食べたい!となった場合には、体内でブドウ糖が不足していることが疑われます。
カロリー制限をしていると、身体が少ない食事量でとにかく栄養を吸収しようとするので、過食になったときに必要以上に栄養を身体に取り込んで太ってしまうということになってしまうのです。

 

過食が進んでしまうと、太ってしまうのはもちろんですが、罪悪感から食べ物を吐き出そうとしてしまう場合があります。
そうなると、胃酸で歯が溶けてしまったり、低カリウム血症になったり、吐きダコができてしまう可能性があります。
過食を甘く見ていると、様々な悪影響が出てくるので注意が必要です。
ストレスが原因だからと放置するのではなく、ストレスを解消してあげることがポイントです。

 

「ストレス太り」の解消方法とは

ストレスで太ってしまった!そんなときにはどうやって解消すればいいのでしょうか?
ストレス特有の太り方には、それに合った解消法で効率的にアプローチをしてあげましょう。

 

ストレスでとにかく食事量が増えてしまったという場合には、まずは過食状態を解消することが大切になってきます。
過食に走ってしまうには、セロトニンという神経伝達物質の分泌の低下が関係しています。
このセロトニンがしっかりと分泌されるようにしていきましょう。

 

セロトニン神経の活性化には、定期的な運動がポイントです。
一定時間・規則的な動きをするのが重要なので、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。
呼吸を意識するゆっくりとした動きも効果的なので、運動が苦手な方はヨガに挑戦してみてください。
また、もともとセロトニン神経は、朝に活発に動き夜は休んでいるという性質があるので、太陽の光をしっかり浴びるようにしましょう。
とにかく食べたい!となった場合は、軽いウォーキングをしたり、太陽の光を浴びて日光浴をしてみてくださいね。

 

他にも、過食を防ぐには血糖値のコントロールが重要です。
血糖値が一気に上がってしまうと、下がるはじめる際に過食に走りやすくなります。
血糖値を急激にあげないためには、GI値の低い食材に食べる必要があります。
肉や魚介類、卵、野菜、海藻などはGI値の低い食品となっています。
一方で、洋菓子やスナック菓子、白米などの食品は、GI値が高くなっています。
甘いものを控えて、野菜やおかず中心の食事をすることが血糖値コントロールにつながります。
合わせて、セロトニンが増える食材を食べることもおすすめです。
トリプトファンとビタミンB6は、セロトニンを作るうえで大切な栄養素です。
マグロやカツオなどの赤身の魚、牛乳やチーズなどの乳製品、大豆製品などに多く含まれています。
積極的に食事に取り入れていくようにしましょう!

 

ストレス太りの原因のほとんどが過食です。
自分ではそれほど食べている自覚がなくても、食事内容を書き上げてみると、思いのほか食べているものです。
バランスの良い食事をしっかりとりながらも、ストレスを発散させてあげることが大切になります。
ゆっくりとお風呂に使ったり、音楽を聴いたりと、好きなことをして自分の身体をいたわってあげましょう。
心身ともにリフレッシュができればストレスも軽減され、自然と過食もおさまってきます。
そうなれば今まで落ちなかった脂肪も、落ちやすくなってくるはずですよ。