産後の肌荒れの原因と改善法とは?

「妊娠中は肌荒れ知らずだったのに、産後は肌荒れが酷くなってしまった」「乾燥やニキビ、シミが気になる」などの悩みはありませんか?

 

産後の肌荒れの原因と改善法とは?

 


育児に忙しい中でも、女性であれば美しい肌をキープしておきたいですよね。
どうして産後には肌荒れが酷くなってしまうのでしょうか?

 

 

産後に起こりやすい肌荒れの症状


様々な症状があげられますが、そのなかでも多くの人が悩まされるのが乾燥です。
乾燥は、あらゆる肌トラブルを引き起こす要因にもなってしまいます。
肌がゴワついてくすんだり、繰り返し大人のニキビが出たりと、その影響は大きいです。

また、シミやそばかすもできやすくなってしまいます。
肌にシミなどができると、顔が一気に老けてしまうので、見た目で印象が左右されてしまうのが困りますね。

 

 

産後の肌荒れの原因とは?


産後の肌荒れの原因の一つは、ホルモンバランスの変化です。
妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になりますが、産後はそれが一気に減少します。
女性ホルモンには美肌をキープする役割を果たすホルモンがあるので、それが減ることで肌荒れを起こしてしまいます。

次に、生活習慣の乱れも原因としてあげられます。
美肌には睡眠が必要不可欠と言われるように、睡眠時に分泌される成長ホルモンが肌のターンオーバーには必要です。
夜泣きや授乳といった育児でしっかりと睡眠をとることができない時期が続くと、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
その結果、肌のトラブルにつながっていきます。また、育児の疲れやストレスも肌荒れに影響します。

このように、産後には肌荒れにつながる要因がたくさんあります。
これを踏まえて、肌荒れが改善できるようにケアをしていきましょう。

 

 

産後の肌荒れの改善法とは


まずは、保湿ケアを重点的に行って乾燥肌を改善していきましょう。
保湿成分が含まれた基礎化粧品を使えば、少しずつ肌のバリア機能が回復します。
時短ケアをしたい方は、オールインワン系コスメをチェックしてみてください。

ホルモンバランスの変化には、特に対応できることがありません。
産後のホルモンバランスの乱れは一時的なものなので、ホルモンのバランスが整うまで様子を見てあげましょう。
ただし、肌が敏感になっているのを感じるようであれば、基礎化粧品を敏感肌用に変えてあげてください。

肌のターンオーバーを整えてあげるには、睡眠がとても重要になってきます。
ですが、赤ちゃんの世話をしているとどうしても厳しい時がありますよね。
一人ですべてをこなそうとするのではなく、周りを頼って睡眠時間を確保するようにしましょう。
赤ちゃんがお昼寝をするときに、一緒に仮眠をとってあげるのもおすすめです。
量を確保できない場合には、質で勝負をしましょう。
寝る前にはスマホなどを触らないようにし、アロマなどを使ってリラックスできる空間を作れば、眠りの質が良くなりますよ!

育児疲れに負けない身体づくりには、栄養バランスの整った食事が必要です。
たんぱく質やビタミン、ミネラルなどをしっかりと摂取するようにしてください。
忙しくて食事にそこまで力を注げないという場合には、サプリメントをうまく活用してみてくださいね。

 

 

まとめ


産後の肌荒れについて紹介しましたが、いかがでしたか?
肌荒れが酷いと、それだけでもストレスになってしまいますよね。
育児の忙しさからメイクにも時間をかけられないので、素肌が整っていればメイク時間も短縮できます。
ホルモンの影響などは自分でコントロールできない面もありますが、原因が分かっていれば不安に思うこともありません。
これを機に、生活習慣を見直して美肌を目指していきましょう。