産後の体型変化!元に戻すための方法とは

妊娠をするとお腹がとても大きくなるので、かなり体型が変わっていきます。
可愛い赤ちゃんの成長がうれしいものの、この体型は本当に元に戻るのか....と不安になることもありますよね。

 

産後の体型変化!元に戻すための方法とは

 

お腹のたるみや骨盤の開きなど、様々な体型の悩みをもつママが多いです。
妊娠前の体型に戻るには、何をすればいいのでしょうか?産後ダイエットのポイントを紹介していきます。

 

 

産後の体型に現れる変化とは?


まずは、お腹や腰回りのぜい肉です。
赤ちゃんが生まれるとお腹がスッキリ戻るのかと思いきや、産後はお腹がまだふっくらとしています。
これは赤ちゃんに合わせて子宮が大きくなっているからです。
徐々にサイズが元に戻っていきますが、赤ちゃんを支えるためについたぜい肉は別です。
このお肉は自然には落ちてくれないので、腰回りに脂肪がついたままになってしまいます。

また、大きなお腹を支えるために、お尻も大きく成長してしまいます。
妊娠前に履いてたボトムが全くはいらない!なんてことも多いんだとか。

このように、産後には様々な体型の変化が現れてしまいます。

 

 

産後に体型を戻すためのポイント


効率的に体型を戻すためにも、ダイエットの時期を調整しましょう。
産後1か月は、出産のダメージ回復やホルモンバランスなど、身体に変化がでてきます。
そのため、この時期には産後うつにかかってしまうママも多いです。
ダイエットはお休みをし、体を回復させることに集中しましょう。

体調が回復したところで、ダイエットの開始です。
産後1か月~1か月半後には問題なくダイエットを開始できます。
産後6か月までは痩せやすい時期だと言われています。
1か月~6か月の間に計画的にダイエットを行えば、しっかりと成果を出すことができますよ。

効率的に身体を引き締めるには、骨盤ケアが必須です。
出産により骨盤は大きく開いているので、それをキュッと引き締めてあげる必要があります。
骨盤は自然と閉じるのですが、その際に歪んで閉じてしまう可能性があります。
骨盤が歪んでしまうと、下半身が太りやすくなったり冷えが悪化したりと、痩せにくい体質になってしまいます。
骨盤矯正ストレッチや骨盤矯正ベルトで、正しい位置に骨盤を戻してあげましょう。

 

 

気になるお腹のたるみはマッサージで


たるんでしまったお腹には、マッサージを行ってあげましょう。
マッサージを行うことですぐにたるみが取れるわけではありませんが、
血行を促進して細胞を活性化することで、肌の再生を促進することができます。
また、脂肪を柔らかくすることで落としやすくし、流れをよくすることでむくみ解消にもつながります。

憎きたるみには力を込めてしまいそうですが、優しくマッサージをするようにしてください!
強い力でマッサージをすると、皮膚が傷ついたり細胞がダメージを受けてしまいます。
場合によっては、たるみが悪化することもあります。
クリームやオイルをつけながら、ゆっくりと撫でるようにマッサージをしてあげましょう。

 

 

まとめ


いかがでしたか?産後の体型変化は、思っている以上に大きいですね。
スタイルをキープしていた方でも、出産を機に一気に体型が崩れてしまうこともあります。
しかし、産後6か月までにしっかりとダイエットをすれば、妊娠前はもちろん、それよりも美しいボディラインを手に入れることができます。
痩せやすい環境が整っているからこそ、少しでも時間を割いて、あとで後悔をしないようにしましょう。
ポイントを押さえておけば、効率的に身体を引き締めることができます。
骨盤ケアや食生活の見直し、エクササイズ、マッサージと、体型を戻すためにやるべきことはたくさんあります。
無理のない範囲で始めてみてくださいね。