産後なかなか痩せない原因と改善法とは?

「妊娠で太ってしまった体は、出産を終えれば自然と痩せる」と言いますが、これには個人差があります。
苦労することなくあっさり元の体型に戻る人もいれば、なかなか痩せずに悩んでいるという人もいます。

 

産後なかなか痩せない原因と改善法とは?


育児は何かと忙しいので、自然と痩せていきそうですが、どうして痩せてくれないのでしょうか?
産後に痩せない理由を考えていきましょう。

 

 

産後は本来痩せやすい?


そもそも産後は、痩せやすい時期だと言われています。
その理由の一つが授乳です。完全に母乳だけで育児を行っている場合は、それだけで1日に500~700キロカロリーを消費していると言われています。
これは、プールで1時間平泳ぎをしたときと同じぐらいの消費カロリーなので、かなり消費していることが分かるかと思います。

また、妊娠中についた脂肪は、普通の時期につく皮下脂肪とは性質が異なります。
水分の多い流動性のある脂肪になっているので、比較的落としやすいです。

これらの理由から、産後は痩せやすい環境が整っているということが言えます。

 

 

産後になかなか痩せない原因は?


痩せやすい時期にも関わらず痩せないのには、どういう理由があるのでしょうか?

一つは、基礎代謝の低下があげられます。
妊娠中は安静にしておくことが多く、体を動かす機会が減ります。
そのため筋肉が衰えてしまい、基礎代謝が低下します。
基礎代謝は、なにもしなくても消費するエネルギー量です。
そのため、妊娠前と同じ感覚で食事をとっていると、カロリーオーバーになることがあります。

2つ目にあげられるのは、骨盤の歪みです。
出産に合わせ骨盤は開いてしまいますが、その影響で皮下脂肪がつきやすくなってしまいます。
また、骨盤が歪んでいると、血流が悪くなり老廃物がたまりやすくなります。
その結果、痩せにくい体質になってしまい、なかなか痩せないという現象が起きます。

 

 

産後に痩せない人が見直すべきこと


まずは食事内容を見直しましょう。
痩せやすい時期だからと言ってそれに甘えていると、意外と摂取カロリーが増えていたりします。
数日分の食事内容を書き出し、1日の総カロリーを計算してみてください。
和食は低カロリーで高タンパクなので、ダイエットにはおすすめです。
できるだけ和食のメニューを食べるようにして、お菓子などの間食を控えるようにしてください!

次に、適度な運動を行うようにしましょう。
育児の忙しさを理由にそのままにしていると、筋肉量が減ったままで基礎代謝は上がってくれません。
ハードなトレーニングをする必要はないので、ストレッチや体幹トレーニング、筋トレを行ってあげましょう。
スキマ時間に行えるエクササイズが色々とあるので、ぜひ生活の中に取り入れてください。
合わせて、骨盤の開き&歪みを矯正し、痩せやすい体を作っていくのがポイントです。
骨盤ベルトを活用したり骨盤矯正ストレッチを行うなど、しっかりと骨盤をケアしていきましょう。

 

 

まとめ


産後の痩せない原因は、対策をとれば改善できる内容ばかりでしたね!
産後はうまくダイエットを行えば、妊娠前よりも痩せることができる時期です。
なかなか痩せないとストレスが溜まってしまいますが、冷静に原因を考えれば何かしら心当たりがあるはずです。
そこで極端なダイエットに走ってしまうと、自分の身体と赤ちゃんの健康に影響が出てきてしまいます。
焦らずに、長期計画でダイエットを進めていきましょう。
赤ちゃんの世話をしていると、どうしても生活のリズムが乱れてしまいます。
夜泣きや授乳など、しっかりと睡眠時間を確保できないことも多いです。
自分一人で抱え込まず、周りを頼って少しでも負担を少なくし、自分の時間を作ってみてくださいね。