短時間でOK!産後の骨盤のゆがみを改善する体操

骨盤の歪みは女性の大敵!下半身を太くし、ダイエットの効果を妨げてしまうということは、すでに皆さん知っていますよね。
産後のダイエットと骨盤は切っても切り離せない存在ですが、具体的にどのようなケアを行えばいいのかわからないという人も多いです。

 

短時間でOK!産後の骨盤のゆがみを改善する体操

 


体への負担も少なく続けやすい骨盤体操は、産後の骨盤ケアに一押しです!
今回は、そんな骨盤多層について詳しく解説していきます。

 

 

産後の骨盤はどうなっている?


赤ちゃんがスムーズに出てこられるように、出産に向けて女性の骨盤は広がっていきます。
産後3~4か月ほどの時間をかけて、自然と元の状態に戻っていきますが、歪みがなく骨盤が閉じることは少ないです。

この時期は骨盤が動きやすくなっているため、脚を組んだり無理な姿勢をするだけで、簡単に骨盤が歪んでしまいます。
特に育児中は、赤ちゃんを抱っこしたり無理な姿勢で授乳をしたりするので、骨盤が歪んでしまうママさんが多いです。

 

 

産後の骨盤体操はいつからはじめる?


そんなに動きやすいのであれば、産後すぐにでも対策を始めたくなりますが、1か月は安静にするようにしましょう。
産後1か月は、母体を回復させる産褥期と呼ばれる時期になるので、出産のダメージがまだ残っています。
そのためこの時期は、とにかくゆっくりと体を休めることが大切になります。

骨盤体操をはじめるのは産後2か月と言われていて、このタイミングから6か月までの間に骨盤をしっかりと引き締める必要があります。
すでに紹介したように、産後は骨盤が動きやすくなっています。
しかし3~4か月ほどで自然と閉じていくので、半年もすると固定されてしまいます。
このことから、産後半年までが骨盤矯正には勝負の時期といって良いでしょう。

 

 

産後の骨盤体操の方法


まずは定番の「骨盤回し体操」を行ってみましょう。

① 立った状態で、両足を肩幅に開いてください。
② 手を腰に当てて、腰をゆっくりと回していきます。
このとき、上半身や脚は動かさず、腰回りだけ動くようにしてください。
③ 右回りを30回、左回り30回行います。
これを1日2セット行ってください。

次に、寝たままの体勢でできるストレッチを紹介します。
① 仰向けに寝て膝を内側に曲げ、お姉さん座りのような体勢をとります。
このとき、太ももの前が痛いようであれば、肘をついて負荷を軽くしてください。
10秒から20秒ほどキープします。
② 膝を外側に曲げ、足でひし形をつくってください。
この状態で両足をつけ、体が床から浮かないように意識をしつつ10秒から20秒ほどキープしてください。

このストレッチでは、固まった骨盤の可動域を広げることができます。
周辺の筋肉が凝り固まっていると痛みを感じますが、続けていけば徐々に伸びて気持ちいいと感じるようになります。
しっかり呼吸をして、体をリラックスさせながら行ってみてください。


① 仰向けに寝転びます。
② 膝を90度に立ててください。
③ 膝をくっつけたまま、右に脚を倒します。
④ 元の姿勢に戻り、左に倒してください。
これを交互に繰り返し3分ほど続けます。
とてもシンプルな動きですが、腰回りをしっかりと伸ばして骨盤に刺激を与えることができます。

どの骨盤体操もとても簡単なので、運動が苦手な方でも無理なく挑戦できそうですね。

 

 

まとめ


産後の骨盤の歪みを矯正することは、ダイエットはもちろんのこと健康面でも良い影響がたくさんあります。
骨盤体操であれば、場所も時間もとらないので、スキマ時間に行うことができます。
産後半年までが勝負の期間になるので、骨盤の動きやすいこの時期を逃さないように、しっかりと骨盤ケアを行ってくださいね!