産後に気になる、顔や手足、体のむくみ!原因と改善法は?

女性とは切っても切り離せない「むくみ」。産後には特に、体がむくみやすくなります。
どうして産後にはむくみがひどくなるのでしょうか?

 

 

産後に気になる、顔や手足、体のむくみ!原因と改善法は?

 


今回は産後のむくみの原因、改善方法について紹介していきます。

 

 

産後のむくみの症状


代表的な症状としてあげられるのが、手足の腫れです。
指で押してみて跡が戻らないようであれば、手足に水分がたまっています。
特に足は心臓から離れているので、産後に限らずむくみやすい部位になります。

人によっては、手足でとどまらず全身にむくみが生じる場合があります。
それぞれの部位が腫れてしまい、不快感があります。
むくみと合わせて、めまいや耳鳴りを伴うことがあるので、解消してあげる必要があります。

 

 

産後のむくみの原因は?


産後のむくみの原因はどこにあるのでしょうか?
それぞれチェックしていきましょう。

 

 

産後のむくみの原因①:出産後の体内水分量の変化


妊娠中は通常時期に比べ、血液が3~5割ほど増加しています。
これは、赤ちゃんに栄養を届けるためです。
出産とともに用水や血液が一気に外に出るので、体は水分が不足していると感じてしまいます。
そうして水分を体内にため込もうとして、むくみへとつながっていきます。

 

 

産後のむくみの原因①:母乳のために水分をためこむ


赤ちゃんに母乳を与えていると、水分がドンドン奪われてしまいます。
なくなった水分を補うために、体に水分をため込もうとします。
そのため、特に新生児期~2、3か月の1日の授乳回数が多い時期に、むくみが出やすくなると言われています。

 

 

産後のむくみの原因③:代謝の低下


出産前後の運動不足や睡眠不足により、体の代謝が落ちている場合が大多数です。
ポンプの役割を果たす筋肉が衰えてしまうと、血流が悪くなってしまいます。
そうすると、体に残った水分や老廃物が排出されにくくなり、むくみの原因へとつながっていきます。
睡眠不足も、代謝の低下につながるので要注意です。

 

 

産後のむくみを予防&改善するには


通常のむくみとは異なり、原因には回避できないものが多くありますね。
これを踏まえたうえで、むくみの解消方法を考えていきましょう。

 

 

産後のむくみの予防&改善法:カリウムの摂取


カリウムには、余分な塩分を体の外へ排出する働きがあります。
塩分を取りすぎてしまう方には、特にカリウムを摂取してもらいたいです。
ホウレン草や納豆、アボカド、サツマイモなどに多く含まれています。
食事で摂取するのが面倒であれば、サプリメントを活用するのがおすすめです!

 

 

産後のむくみの予防&改善法:リンパマッサージ


とにかくむくみを解消したい!という場合は、マッサージが最も即効性のある方法です。
リンパの流れに沿ってマッサージをしてあげることで、体にたまっている老廃物を排出することができます。
足先から指先まで、全身をじっくりとマッサージしてあげましょう!
足湯や入浴後は、血流が良くなっているので効果がより出やすいです。
先に体を温めてあげて、マッサージの効果を最大限に発揮させてください。

 

 

産後のむくみの予防&改善法:運動


ガッツリと運動に時間をさく時間はないと思うので、ヨガやスクワット、ストレッチなどの動きを行ってみましょう。
どれも場所と時間をそれほどとらないので、空き時間にサッと行うことができます。
むくみ解消だけではなく、ダイエット効果も期待できるので一石二鳥ですね。

 

 

まとめ


むくみがひどくなると、見た目が気になることはもちろん、痛みを感じてしまうことがあります。
育児で忙しいからこそ、健康を第一に考えて生活をする必要があります。
基本的に産後のむくみは一時的なものなので、あまり考えすぎず気楽に対策を取ってくださいね!