産後のつらい腰痛!腰痛の原因と改善方法とは?

「今まで腰痛になったことがなかったのに、産後に腰痛になってしまった!」そんな悩みはありませんか?
産後の腰痛は、ほとんどのママさんが苦しめられるものです。
腰痛になると動くのが億劫になってしまうので、日常生活や育児にも影響が出てしまいます。

 

産後のつらい腰痛!腰痛の原因と改善方法とは?

 


時には歩けないほど傷むこともあります。そんな腰痛にならないために、原因と改善方法について考えていきましょう。

 

 

産後の腰痛の原因は?


まずは効率的に対処するために、それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

 

 

産後の腰痛の原因①:骨盤の歪み


女性の体は、出産に向けて骨盤が開いていきます。
出産後、自然と少しずつ元の位置に戻っていくのですが、その時期は骨盤が動きやすい状態になっています。
育児の際の何気ない姿勢や動きで骨盤が歪んでしまい、これが原因で腰痛が発生します。

また、骨盤の歪みは腰痛だけではなく、肩こりや冷え、下半身太りなどにも影響を及ぼします。
マイナス面が多いため、しっかりとケアをしてあげる必要がありますね!

 

 

産後の腰痛の原因②:育児の負担


赤ちゃんの世話をするとき、前かがみになることが多いですよね。
おんぶや抱っこ、おむつ交換、添い寝など、腰に負担がかかるような姿勢になることが多いです。
赤ちゃんを育てるためには逃れられないシチュエーションではありますが、小さな負担が積み重なり腰痛へとつながってしまいます。

 

 

産後の腰痛の原因③:筋力の低下


妊娠中の運動不足で、腹筋や背筋が弱ってしまうことも腰痛につながります。
筋肉がコルセットの働きをして体を支えているので、筋力が低下してしまうと腰を支える力も下がってしまいます。
正しい姿勢ではなく、反り腰になってしまったりして、腰に負担をかけてしまうという場合が多いです。
正しい姿勢をキープするには、しっかりと筋肉をつける必要があります。

 

 

産後の腰痛を予防&改善するには


これらの原因を踏まえ、腰痛にならないように予防&改善をしていきましょう。

 

 

 

産後の腰痛の予防&改善法:骨盤ベルト

骨盤の歪みが原因の場合、正しい位置に骨盤を戻してあげることができます。
骨盤ベルトをつければ、正しい位置へと戻りやすくなります。
またうまく腰回りを支えてくれるので、正しい姿勢をキープするのも楽になります。

注意してほしいのは、ずっとつけていると腰回りの筋肉が低下してしまう点です。
自力で骨盤の位置をキープできるように、徐々にベルトの使用頻度を調整していってくださいね!
 

産後の腰痛の予防&改善法:腰痛クッション&授乳クッション


育児をしていると、どうしても腰に負担のかかる体勢にならざるを得ない場合があります。
その際には、クッションを活用して負担を軽減してあげましょう。
腰痛クッションはドーナッツのような形をしたクッションで、穴があることで座骨にかかる圧力が分散されて、腰への負担が軽くなります。
腰が正しく支えられるので、長時間座っていても疲れません。

授乳時の前かがみ防止には、授乳クッションが一押しです。
前かがみになることは、思っている以上に腰に負担をかけてしまいます。
これを使えば楽な姿勢で授乳ができるので、腰への負担を減らすことができます。

 

 

まとめ


ツラい腰痛はそれだけでもストレスになってしまうので、原因を知った上で対策を取り腰痛を予防していきましょう。
スキマ時間を使って筋トレをし、筋肉を使って腰を支えることも大切です。
なかなか自分の時間を作ることが難しいと思いますが、ここで対処をしていないと身体の健康にも関わってきます。
自分の身体をいたわって、腰痛対策を取ってくださいね!