産後の体重が減らない!その原因と対処方法とは?

妊娠中に増えた体重は、すぐに戻る人とそうでない人がいます。
赤ちゃんが育つために増加したのだから、出産さえ済めば自然と体重が落ちそうなものですが、どうして体重が減らないのでしょうか?

 

産後の体重が減らない!その原因と対処方法とは?

 


産後の体重が戻らない原因と対処方法について、チェックしていきましょう!

 

 

本来、産後いつから体重が減る?


妊娠中は、ホルモンの影響で脂肪をたくわえやすくなります。
これは赤ちゃんを守るためのもので、お腹周りを中心につきます。
安静にする必要があり運動もできないので、体重が増えることは当然のことです。

赤ちゃんを出産したときに、赤ちゃんと胎盤、羊水と血液が出ていくので、このとき4~5キロほどの体重が減ると言われています。
そこから蓄えられてきた水分が徐々に体から出ていくので、退院後1週間ぐらいで5~6キロ程度落ちるママさんが多いです。
産後1か月ぐらいの時期までは、比較的容易に体重が落ちると言います。
ホルモンバランスが整い、授乳でエネルギーを消費するので自然と体重が落ちていきます。

問題は産後2~6か月の時期です。
産後の体型を決める大事な時期で、このタイミングで骨盤矯正やエクササイズを行っていると、産前よりスリムになることができます。

 

 

産後に体重が戻らない原因は?


毎日子育てを頑張って忙しくしているのに、体重が減らない!という場合は、妊娠~出産にかけて体質に変化が起きてしまった可能性があります。

まず考えられるのが、腹筋の衰えです。
妊娠中にはお腹が大きくなるため、腹筋が一時的に弱くなります。
この腹筋が衰えたままになってしまうと、お腹周りに脂肪がたまりやすくなります。
妊娠中の運動不足による基礎代謝の低下も、影響があります。筋肉が落ちると、基礎代謝も落ちてしまいます。
以前と同じ感覚でいると、基礎代謝量が減っていてカロリーオーバーになってしまっているかもしれません。

心あたりのある原因はありましたか?
原因が判明したところで、対策を取っていきましょう。

 

 

産後の体重を元に戻すには


まずは、食事の内容を見直しましょう。授乳中は、過度な食事制限は禁物です。
たんぱく質や炭水化物をしっかりと取り、栄養バランスンの良い食事をしましょう。
また、お菓子などの間食を減らし、食べる際にはフルーツやイモなど食材をそのまま楽しめるようなものを選ぶのがポイントです。

合わせて、基礎代謝が上がるように筋肉量を増やします。
基礎代謝のうち40%のエネルギーは筋肉で消費されていると言われています。
そのため、筋肉をつけて基礎代謝をあげてしまえば、自然と体重を落とすことができます。
育児中は運動に時間をさくことが難しいですが、体幹トレーニングであればそれほど時間もかからずに済みます。
インナーマッスルを鍛えることで姿勢も良くなり、健康にも良い影響がありますよ。

ダイエット効率を上げるために、歪んだ骨盤を引き締める骨盤矯正エクササイズを行ってあげましょう。
周辺の筋肉も鍛えられるので、下半身部よりを防ぐことができます。
赤ちゃんを連れて参加できるレッスンもあるので、息抜きがてら行ってみるのもおすすめです。

 

 

まとめ


産後の体重コントロールには、育児をしながらでも努力をしてダイエットを行っていく必要があります。
すんなり体重が落ちる人とそうでない人に分かれますが、落ちない場合には必ず理由があります。
1日の生活習慣や食事内容などを書きあげ、そこに原因があるのかを探っていきましょう。
そうすれば、原因が分かり適切な対処ができます。
あまり気にしているとストレスになってしまうので、無理のない範囲でコントロールをして、健康的に体重を落としていくのがポイントですよ。