ほうれい線、マリオネットラインを消す!原因と改善法は?

口元のハの字のシワといえばほうれい線ですが、マリオネットラインというものを聞いたことはありますか?

 

マリオネットライン


このマリオネットラインも、老け顔にしてしまう女性の悩みの種です。
どちらか片方だけでも困るのに、両方できてしまったら・・・なんとしても防ぎたいですね。

そこで今回は、ほうれい線とマリオネットラインについて紹介をしていきます。

 

 

マリオネットラインとは?ほうれい線とは違う?


ほうれい線は、鼻の横あたりから唇の横にかけて伸びる線になります。
ハの字にできる線で、誰もが知っている存在ではないでしょうか?

一方、マリオネットラインは、口の横から顎にかけて伸びる線で、人形劇で使われるマリオネットの口元に似ていることからこのように呼ばれています。
ほうれい線は知っていても、マリオネットラインは知らないという人も多いのではないでしょうか?
ほうれい線とセットで、二重ほうれい線とも呼ばれていて、老け顔&疲れ顔に見えてしまう要因にもなります。

 

 

マリオネットラインの原因


マリオネットラインができる原因は、口角下制筋の縮みと広頚筋のゆるみです。
これらの筋肉の影響により、皮膚や脂肪がたるんで線を作り出してしまいます。

ほうれい線と同様に、このような特徴がある人は要注意です!
・表情が乏しい
・食べ物をあまり噛まない
・片方で噛む癖がある
・猫背
どちらも同じ生活習慣が影響するので、両方のラインができてしまう人が多いです。
日頃の癖で線ができてしまうため、気づかない間に進行していることもあるようです。

 

 

マリオネットラインの改善法


マリオネットラインを消すためには、周辺の筋肉を動かすことが重要になってきます。
まずはマッサージで筋肉をほぐしてあげましょう。

① マリオネットラインの口元側に親指を当てます。右側は左手、左側は右の手を使って頬を覆うようなイメージです。
② 親指に力を入れて、手をこめかみに滑らせます。口角を引き上げるようなイメージで、ゆっくりと動かすのがポイントです。
これを左右5回ずつ交互に行ってください。
マッサージを行う際には、クリームやオイルを使い、摩擦で肌に負担をかけないようにしてくださいね。

簡単な舌回しエクササイズもおすすめです。
やり方はとても簡単で、口を閉じて下で内側をぐるりとなぞるだけです。
右回り20回、左回り20回を1セットで、これを1日に3セットを目安に行ってみてください。
簡単ですが、最初は辛く感じる人が多いと思いますので、その場合はできる回数から始めてみてください。

 

 

ほうれい線とマリオネットラインに効く体操


2種類の老けラインに効果のある「あいうえお体操」は、マストでやっておきたい対策です。

① 口を開いて「あ」の状態を作ってください。大きく開くのがポイントです。
② 横に伸ばして「い」を作ります。
③ キュッと口を突き出して「う」の状態を作ります。
④ 大きく下に広げ「え」を作ります。
⑤ 最後に前に出すように「お」を作ります。

これを数回繰り返してください。
一つ一つゆっくりと大きく動かしてくださいね。

この体操はフェイスラインの引き締めにも効くので、小顔効果もありますよ。
はじめは鏡を見て、筋肉が使えているかどうかをチェックしながらやってみるのがおすすめです。

 

 

まとめ


ほうれい線とマリオネットラインについて紹介しましたが、いかがでしたか?
どちらも見た目年齢を引き上げる要因になるので、しっかりと対策をとっていきたいですね。
日常生活で何の気なしにしている行動や癖が影響していることもあるので、自分の生活習慣を見なおしてみることも大切です。
これからの予防をしつつ、今あるラインを消すためにマッサージやエクササイズを継続して行ってみてくださいね。