50代に多い肌荒れ!その原因と対策法は?

20代、30代、40代と年齢を重ね、なぜか50代で肌荒れがひどくなった...。そんな悩みを持つ女性はたくさんいます。
50代という年齢は、実は肌荒れがしやすいと言われているのです。

 

50代に多い肌荒れ!その原因と対策法は?


なぜこの年齢で肌荒れが起き、なかなか治らないのでしょうか?
今回はそんな肌荒れの原因と、対策法を紹介します。

 

 

50代に多い肌荒れの原因は?


肌荒れの大きな原因は、女性ホルモンの急激な変化です。
更年期迎えると、エストロゲンという肌の潤いをキープしコラーゲンを生成する役割を果たすホルモンが減少します。
その一方で、皮脂分泌を促進するプロゲステロンと呼ばれるホルモンも、働きが低下してしまいます。
皮脂の分泌が少なくなり皮脂膜ができなくなるため、肌の乾燥が進んでしまいます。
そうすると、目元や口元の皮膚が薄い部位にシワが目立つようになります。

このパターンとは逆にプロゲステロンが増え、皮脂分泌が過剰になって肌荒れをする場合もあります。
大人のニキビを繰り返してしまう場合は、このホルモンが原因の可能性があります。

また、肌の新陳代謝が低下し、ターンオーバーの周期も徐々に伸びていきます。
正常な場合、約28日周期で肌は生まれ変わりますが、50代になると45日以上かかってしまうと言われています。
ターンオーバーが乱れると、古い角質が残って肌が固くゴワゴワとします。
こうして肌のバリア機能も弱くなり、刺激に敏感に反応して肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

 

 

50代の肌荒れ対策


まずは紫外線対策を優先してください。紫外線と聞くと日焼けを想像しますが、それだけではありません。
肌を黒くするだけではなく、肌の奥にあるハリや弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊します。
また、長時間紫外線を浴びることで、メラニン色素が過剰に作られてしまい、シミの原因となります。
日焼け止めや日傘などを使って、紫外線をブロックしましょう。
季節や天気を問わず降り注いでいるので、油断は禁物です!

また、肌の調子を整えるには、質の良い睡眠が不可欠です。
睡眠不足が続くだけでも、肌の新陳代謝は乱れてしまいます。
肌の修復に必要な成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。
肌のゴールデンタイムと言われる22時~2時には眠りにつくようにしてくださいね。

 

 

50代の洗顔とスキンケアのポイント


まずは、洗顔料と回数を見直してください。
基本的に洗顔は1日2回ですが、洗顔料を2回使う必要はありません。
肌の状態に合わせて臨機応変に変更し、朝はぬるま湯だけで顔を洗うなどの方法もおすすめです。

洗顔料はしっかりと泡立て、肌に摩擦を与えないように洗います。
力を入れなくても汚れは落ちるので、優しく丁寧に行ってください。
長い時間洗っていると、肌の乾燥につながる可能性があるので、なるべく短く済ませましょう。
お湯の温度は、30度前後のぬるま湯を使い、肌に必要な成分を落としてしまわないようにします。
すすぎ残しがないように隅々まで流し、タオルで押さえるように水分を取ってください。

洗顔後は、すぐに保湿ケアを行うようにしましょう。
しっかりと保湿をするには、セラミドが配合された化粧品がおすすめです。
最後はクリームや乳液でしっかりと蓋をして、油分と水分のバランス整えてください。

 

 

まとめ


50代の肌荒れには、女性ホルモンが大きく影響をしています。
肌荒れが気になるというだけではなく、体調にも影響してしまうので何かとツライ時期です。
ストレスがたまりやすい年齢なので、少しでも肌の調子を良くして心配事を少なくしてあげましょう。
毎日地道なケアをおこなって、年齢に負けない肌を目指してください。