更年期が関係?50代のニキビの原因と対策

「なぜか50代に入ってニキビが増えた」「ニキビがなかなか治らない」という悩みはありませんか?
ニキビといえば過剰な皮脂分泌が原因であることが多いですが、むしろ乾燥が気になるこの年齢になぜニキビができるのでしょうか。

 

更年期が関係?50代のニキビの原因と対策


その原因は、もしかしたら更年期にあるかもしれません。

 

 

50代のニキビと女性ホルモンの関係


女性ホルモンのバランスは、大人ニキビに大きな関係があります。
生理前に大人ニキビができやすいという事実からも、そのことは良く分かりますよね。
ホルモンのバランスにより皮脂の分泌量が変わるため、過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まってしまうことがあります。

また、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで、新陳代謝も悪くなります。
代謝が落ちてしまうと肌のターンオーバーが乱れてしまい、古い角質がたまりやすくなります。
たまった角質は毛穴をふさいでしまい、ニキビへとつながっていきます。
このように50代のニキビは、女性ホルモンのバランスの変化が大きな原因となっています。

 

 

更年期に増える?50代のニキビの原因とは


更年期に入ると、女性ホルモンのバランスが大きく変化します。
肌の潤いやハリをキープするのに大切なエストロゲンの分泌が減り、血行不良やむくみ、皮脂分泌を活発にするプロゲステロンが増加していきます。
この影響で、過剰な皮脂が分泌されるようになり、毛穴が詰まってニキビができるようになってしまいます。

また、更年期になるとストレスを抱えやすくなります。
ストレスをためると、男性ホルモンが優位になり、皮脂分泌が活発になってしまいます。
これらの原因から、更年期に大人ニキビができやすくなります。

 

 

50代のニキビ対策は?


ニキビ知らずのお肌になるためには、まず保湿を第一に行いましょう。
年齢とともに、肌の保湿力が低下していきます。乾燥をしてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、外部の刺激を受けやすくなります。
まずは皮脂と水分のバランスを整え、ニキビに負けない素肌を目指しましょう。
乾燥をそのままにすると、皮膚が皮脂を分泌して肌を守ろうとします。化粧水ミストや乳液を持ち歩いて、気になるときにすぐに保湿をできるようにしておくのがおすすめです。

次に、更年期のストレスを軽減する対策を行います。
ビタミンB群やギャバ、メラトニンなどの栄養素は、不安解消の効果があります。
うまく気持ちを落ち着けて、ストレスをため込まないように、サプリメントで栄養を取ってください。
普段からストレスをためないためにも、自分なりの発散方法を持っておきましょう。
運動や音楽、買い物や登山など、何かしらの発散の場を持っておけば、ニキビだけではなく健康にもプラスの効果があります。

また、生活習慣の改善も大切な要素になってきます。
健康的な身体・肌に、睡眠は欠かせません。
睡眠不足だと、免疫力が下がってニキビができやすいと言われています。毎日6時間以上寝るようにしてください。
また、毎日規則正しい時間に寝ることも、ホルモンバランスの安定に効果的です。

 

 

まとめ


更年期とニキビが関係、いかがでしたか?原因が分かれば、対策をとることができます。
更年期のホルモンバランスの乱れは、様々な影響を及ぼすと言われています。
1度できるとなかなか治らないですが、食事や睡眠、ホルモンバランスの乱れを改善すれば必ず効果が表れます。
どうしても大人ニキビが治らない場合は、皮膚科に行って診断をしてもらいましょう。
若いころに比べてターンオーバーが遅いので、ニキビ跡が残りやすいです。
放置をしてそのまま跡にならないように、注意をしておくようにしてくださいね!漢方やサプリも、うまく活用しましょう。