50代の肌の悩みと肌をキレイに見せるファンデとは

何かと肌の悩みが多い50代の方にとって、肌をきれいに見せるファンデーションはぜひとも使いたいものですよね!

 

50代の肌の悩みと肌をキレイに見せるファンデとは


年齢ゆえのシミやシワの悩みをカバーしつつ、肌への負担を抑えたファンデーションを選ぶ必要があります。
どのようなポイントに注意して、ファンデーションを選べばいいのでしょうか?

 

 

50代に多い肌の悩みとは


30代、40代と徐々に肌の変化を感じますが、50代は特に大きな変化があります。
ホルモンバランスの乱れなどにより、肌の調子が揺らぎがちに。特に多い悩みが乾燥肌です。
年齢を重ねるにつれて皮脂の分泌量が減るため、表皮に皮脂膜がうまくできなくなります。
蓋をする役割の皮脂膜がなくなってしまうと、肌表面の乾燥が悪化し、肌の内側の水分までも蒸発してしまうことになります。

また、昔の紫外線の影響から、シミが一気に増加したという悩みを抱える人も多いです。
50代は、女性ホルモンが減少してシミができやすくなるので、紫外線対策をしなければドンドンシミが増えてしまいます。
ターンオーバーも乱れてしまい、メラニン色素がスムーズに排出されなくなってしまいます。

ターンオーバーの乱れは、くすみの原因にもなります。
表皮に古い角質がたまると、肌の透明感が失われます。
黄色く濁ったようなくすみが生じている場合には、糖化が起こってしまっている可能性もありますよ。

そのほかにもシワやたるみなど、見た目年齢を引き上げてしまうエイジングサインが目立つようになるので、とにかく悩みが増えてしまうのが50代のお肌です。

 

 

50代のファンデーション選びのポイント


そんな悩みが多いからこそ、カバー力を重視したい!という方が多いです。
しかし、カバーをしようと厚塗りをすると、化粧崩れを引き起こしやすくなります。
薄づきでもカバー力のあるファンデーションを選び、重ね塗りをしなくてもいいようにしましょう。

また、乾燥しやすい肌質になっているので、保湿効果が高い種類を使う必要があります。
乾燥時にファンデーションを塗ると、粉ふき芋のようになってしまいますよね?
そのことからわかるように、乾燥をすると表皮が毛羽立つため、ファンデーションのつきが悪くなってしまいます。
スキンケアで保湿をしっかりするのはもちろんのこと、保湿成分が入った種類を選んでください。

メイクをしたままでいる時間が長いからこそ、ファンデーションの成分にはこだわってあげましょう。
エイジングケア成分が含まれたものを使えば、日中もエイジングケアをすることができますよ。

カバー力を重視しつつも肌への負担を軽減するには、ミネラルファンデーションがおすすめです。
添加物などが入っておらず、天然の素材を使っているので、肌のバリア機能が弱っている50代の肌にも安心して使うことができます。
クレンジングを使わなくても石鹸で落ちるので、W洗顔不要で肌にとても優しいです!

ファンデーションがあうかどうかは個人差があるので、気になる商品を1度試してみましょう。
肌質にぴったりと合ったファンデーションを使えば、薄づきでメイク崩れ知らずのベースを作りこむことができますよ。

 

 

まとめ


様々な悩みが多いからこそ、ファンデーションはこだわって選ぶようにしましょう。
肌に合わない種類を選んでしまうと、厚塗りで重い印象になってしまいます。
薄づきでカバー力があり保湿成分が入っていれば、ベースメイクをキレイにキープすることができます!
悩みカバーとエイジングケアが両立するようなファンデーションを、選んであげてください。
ぜひこれを機に、ファンデーションの種類を見直してみてくださいね。