今まで無かったのになぜ?30代の肌荒れの原因

「30代になってから、なぜか肌トラブルが増えた」「スキンケアを変えていないのに、急に肌が変わってきた」ということを感じていませんか?

 

今まで無かったのになぜ?30代の肌荒れの原因


30代は肌が大きく変化する時期と言われていて、このタイミングで肌荒れを起こす方が多いです。
では、なぜ30代には肌荒れが急に増えてしまうのでしょうか?

 

 

30代に増えてくる肌荒れトラブル


30代に入って増えるトラブルで、特に多いのが乾燥です。
20代とお手入れは変えていないのに、なぜか乾燥をするようになったという方が多いです。
乾燥以外にも、ニキビや吹き出物、くすみや毛穴の開きが目立つようになってきます。
どうして突然こういった肌トラブルが増えてしまうのでしょうか。その理由を探っていきましょう。

 

 

30代の肌荒れの原因とは?


肌荒れの原因の一つとしてあげられるのがホルモンバランスの乱れです。
女性ホルモンには、肌のハリを保つ働きをする成分があります。
そのホルモンが減少してしまうことで、ハリが保てなくなり、シワやたるみが目立つようになります。
またヒアルロン酸、セラミドなどの成分も失われていくので、肌の水分保持力も大幅に低下してしまいます。
肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能がうまく働かなくなり、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

もう一つの原因が、ターンオーバーの周期の乱れです。
本来は約28日で肌が生まれ変わりますが、年齢とともにこの周期が遅れてしまうようになります。
ターンオーバーをすることで、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わり、きれいな状態がキープできます。
そのサイクルが乱れることで、古い角質が肌に残り固くなってしまい、肌荒れを引き起こします。
このように30代に突入をすることで、体の環境が大きく変化し、その影響を肌が受けてしまうということが分かります。

 

 

30代の肌荒れの予防&改善方法とは


まずは基礎化粧品の見直しを行いましょう。
自分では変わっていないと思っていても、すでに紹介したように体の中は大きな変化を遂げています。
20代のころに使っていた化粧品が合わないのも、無理はありません。
今の肌質に合わせて、種類を変えていきましょう。特に何かのトラブルが気になる場合は、それに効く成分を含んでいる商品を選んでください。

そして、最も大切と言ってもよいのが、保湿ケアです。
どうしても水分量が減ってしまうので、セラミドやエラスチン、コラーゲンなどの保湿力が高い成分が入ったものを使ってみましょう。

肌の乾燥を防ぐために、クレンジングと洗顔のやり方を見直すことも大切です。
この2つは、特に肌の乾燥にかかわってきます。
間違ったやり方をしていると、必要な水分と油分を落とすことになりかねません。
洗浄力が高くない洗顔料を使い、潤いが肌に残るような状態にしてください。

また、メイクの濃さや肌質に合わせて、クレンジング剤の種類を選びましょう。
化粧が薄いのにオイルクレンジングを使うと、肌への負担が大きいです。
できる限り、負担をかけないようなクレンジングを使ってください。

健康な肌をキープするためには、睡眠がとても大切です。
肌の再生や代謝に関係する成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。
質の良い睡眠を6時間以上とるようにしましょう!就寝1時間前には、PCやスマホを控えて寝る体制を整えてください。

 

 

まとめ


30代の肌荒れについて紹介しましたが、いかがでしたか?
原因を知った上で正しいスキンケアを行えば、美しい肌を手に入れることができます。
30代でどれだけお手入れをしているかで、40代以降の肌が大きく変わります。
今の自分の肌質を知って肌にあう基礎化粧品を使い、生活習慣を正していきましょう。