40代のニキビの原因は若い時とは違う?予防と改善法とは

ニキビといえば思春期の象徴。ですが、大人になっても時々できてしまいますよね。
20代、30代の大人のニキビと40代のニキビとでは、原因に大きな違いがあります。

 

40代のニキビの原因は若い時とは違う?予防と改善法とは


一体どうしてニキビができるのでしょうか?

 

 

40代のニキビの主な原因


40代のニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れです。
若い時期にもホルモンバランスの乱れでニキビができることがありますが、40代は特に更年期に差し掛かり大きくホルモンバランスが乱れます。
そのため、ほとんどがホルモンバランスの影響だと言われています。
もちろんこの原因以外にも、ストレスや便秘などが影響している場合もあります。

女性ホルモンには、肌の調子を整えるものがあります。
それが大きく乱れてしまうため、結果として肌の乾燥が進んでしまいます。
乾燥は過剰な皮脂分泌を促進してしまうため、毛穴に皮脂がつまりニキビへとつながっていってしまいます。
ホルモンバランスにより、ターンオーバーも乱れます。
本来であれば古い角質は自然と排出されますが、肌の上にたまって硬くなり毛穴をふさぎます。
こうした理由も、ニキビができやすくなる要因の一つです。

 

 

40代のニキビが治りづらい理由は?


昔に比べると治りづらい気がする...と感じる方も多いと思います。
これには、先ほど紹介したターンオーバーが関係してきます。
ニキビを治すには、このターンオーバーがとても大切になります。
肌が生まれ変わることで、ニキビが徐々に消えていきます。通常であれば28日周期で肌が生まれ変わりますが、年齢とともに周期が遅くなっていきます。
10~20代に比べると、なんと1.5倍~2倍以上も遅くなると言われています。これでは、なかなか治らないのも納得ですね。
そのため、ターンオーバーを促したあげることが、ニキビ改善には重要になってきます。

 

 

40代のニキビの改善方法とは


効率よくニキビを改善するには、保湿とターンオーバーを重視してスキンケアを行ってあげましょう。
まずは今の基礎化粧品を見直してください。
40代は思っている以上に、肌の保湿力が低下して乾燥しています。
30代の時と同じスキンケアでは、潤いが足りません。
セラミドやヒアルロン酸などの、保湿成分が含まれた基礎化粧品を使うようにしてあげましょう。

また、乳液やクリームをしっかりと塗って、肌に蓋をしてあげることも大切です。
洗顔料も、洗浄力が高いものではなく、洗い上がりがマイルドなものを選んでください。
そうすれば、必要な成分を肌に残しつつ、汚れを落とすことができます。

次に、遅れているターンオーバーを促進し、周期を整えていきましょう。
肌の生まれ変わりには、睡眠が最も大切です。寝ている間に分泌される成長ホルモンが、肌の生まれ変わりを促進します。
一般的に22時から2時は肌のゴールデンタイムと言われているので、遅くても日が変わる前に寝てください。
その際、アロマなどでリラックスをすれば、より質の高い眠りにつくことができるので、ぜひ試してみてください。

 

 

まとめ


40代のニキビについて紹介しましたが、いかがでしたか?同じ大人のニキビでも、年齢によって特徴が異なります。
しかし何歳になっても、ニキビは気分が下がる肌トラブルです。顎にぽつりとあるだけで、鏡を見てため息をつきたくなりますよね。
そうならないためにも、ニキビができにくい肌を整えてあげましょう!
何度も同じ場所に繰り返しできてしまう場合は、皮膚科に行くことをおすすめします。
その状態を放置すると、ニキビ跡にも繋がってしまうため、早めに治療を始めるようにしてください。