50代のスキンケア!化粧品選びのポイントとは?

女性の肌は、年齢によって様々な変化がおとずれますが、50代の肌にもやはり加齢が原因の変化がおとずれます。

 

50代のスキンケア!化粧品選びのポイントとは?


いつまでも若々しい印象を与えたいなら、やはり肌の状態は大切ですよね。
今回は、50代のスキンケアのポイントについて、紹介していきます。

 

 

50代に現れる肌の変化とは?


女性の肌が大きく変わるのは40代と言われています。
女性ホルモンが急激に下がることで、肌の悩みが増えていきます。
50代になるにつれて、より悩みが深刻化していきます。徐々にターンオーバーが遅くなっていき、肌トラブルが回復しにくくなります。

特に40代に対策を行っていなかったという方は、シワやたるみ、シミやくすみが深刻化します。
たるんだ皮膚や深いシワは、見た目年齢を一気に引き上げてしまいます。
乱れたターンオーバーをそのままにしておくと、シミが濃くなり肌のトーンも暗くなってしまいます。

 

 

50代の基礎化粧品の選び方


深刻な悩みが増えていく50代ですが、化学技術も発展しているので様々な効果がある基礎化粧品が増えています。
悩みが改善できるような商品をうまく選び、スキンケアをしっかりと行いましょう。

年齢とともに保湿力が低下していくので、まずは乾燥対策を行ってください。
50代は20代の半分以下の水分保持成分しかないので、セラミド配合の化粧品を使い保湿を補ってあげましょう。
合わせて、肌のハリを回復するために、真皮のコラーゲンに効く化粧品を使ってください。
コラーゲンというと、そのままコラーゲンが含まれる化粧品を選びそうになりますが、それでは効果がありません。
化粧品に含まれるコラーゲンは、保湿の役割しか果たしてくれないので、ビタミンC配合の商品を選ぶようにしましょう。
そうすれば、内側からふっくらとした肌を、取り戻すことが期待できます。

肌が弱ってしまっているのを感じる方は、敏感肌用の化粧品に切り替えてしまいましょう。
アルコールや合成着色料などが含まれていると、肌に余計な刺激を与えてしまいます。
より肌に優しい化粧品を使うのであれば、敏感肌用にしてしまうのがベストです。

 

 

50代のスキンケアのポイント


基礎化粧品を使う際には、量を意識するようにしましょう。
商品ごとに設定されている適量か、少し多めに使うのがおすすめです。
もったいないと量を少なくすると、化粧品の効果を感じにくくなってしまう可能性があります。
有効成分がしっかりと働くように、量には注意してあげましょう。

次に、乾燥しがちな部位には、重ねづけをしてください。
目元や口元は皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位になります。
クリームや美容液を重ねづけして、特に保湿を強化しておくのがポイントです。

最後に、乳液とクリームを必ず使ってください。
顔の皮脂は天然の保湿クリームと言われるほど、保湿効果があります。
しかし、50代になると肌の油分が少なくなるため、それを乳液とクリームで補う必要があります。
乳液は水分と油分のバランスを整え、クリームは油分の膜を張る役割を果たします。
重ねて塗るのが苦手な方も、肌の保湿のために両方を使うようにしてくださいね。

そのほか、アスタキサンチン、ナイアシン、プラセンタなどのエイジングケア成分が含まれている化粧品を、うまく活用していくのがおすすめです。
成分表をチェックして、どれくらい有効成分が含まれているかを確認しておきましょう。

 

 

まとめ


50代のスキンケアはいかがでしたか?年齢にはどうしても逆らえませんが、地道なスキンケアをすれば美しい肌をキープすることができます。
早めの対策が肝心になるので、まずは基礎化粧品の見直しから始めてみましょう。
すでにあるエイジングサインを改善し、これからの予防をする2軸でケアを行ってください。
年相応の女性らしさも残しつつ、生き生きとした肌が手に入れば、生活も楽しくなること間違いなしです。