30代にできやすい大人ニキビとは?原因と改善方法

思春期に何かと悩まされるニキビ。30代には、大人にニキビに悩まされる方が増えます。
また、なかなか治りづらかったり、何度も繰り返すことが多く、ニキビが消えずに跡が残ることも。

 

30代にできやすい大人ニキビとは?原因と改善方法

 


30代にはどうして大人ニキビができやすいのでしょうか?

 

 

30代で出来る大人ニキビの原因


大人のニキビには様々な原因があります。

・生活習慣の乱れ
・紫外線
・ストレス
・睡眠不足
・喫煙
・飲酒
・肌の乾燥
・ホルモンバランスの乱れ

心当たりのあるものはありましたか?
思春期とは違い、肌質ではなく生活習慣などからニキビができてしまいます。
特に顎にできやすいことが多く、1つできるだけでもかなり気になってしまいます。
ターンオーバーの乱れから角質がたまり、毛穴が塞がることでニキビへとつながります。
様々な要因がかかわっているからこそ、自分のニキビの原因を確かめ、それに合った対策をとることが大切になってきます。

ニキビの種類も一つではなく、まるでほくろのように見える黒ニキビ、アクネ菌が活性化し炎症を起こしている赤ニキビ、真皮内に膿がたまって腫れている黄色ニキビなどがあります。
あまりにもひどい場合には、早急に皮膚科に行って治療をしましょう。
ダメージが深くなるとニキビ跡が残ってしまう可能性もでてきます。

 

 

30代のニキビが治りづらい理由は?


30代のニキビが治りづらいのは、その原因が多岐にわたり、なかなか根本的な改善ができないからです。
ストレスや睡眠不足、飲酒や生活習慣など、修正するには少し時間がかかるものが多いです。
頭ではわかっていても、仕事が忙しいなどの要因もあり、長期的なプランで治療をしていく必要があります。

 

 

30代のニキビを改善するには


まずは食事を見直してください。
美肌効果の高いビタミンC、ビタミンBを積極的にとり、内側から体質を改善していきます。
柑橘類やキャベツ、アーモンドがおすすめの食材です。
サプリメントで摂取をするのも、効率的かもしれませんね。

皮膚や筋肉を含む、様々な部分を構成しているたんぱく質も必要です。
特に女性は、たんぱく質不足の方が多いです。
肉・魚・チーズ・卵・納豆・豆腐などの食材を食べるようにしてください。

次に睡眠をしっかりととりましょう。
睡眠は肌以外にも、体の健康にとって大切なものです。
寝ている間に肌が再生するので、22時~2時の肌のゴールデンタイムには、できる範囲で寝られるようにしてあげてください。
難しい場合は、日が変わるまでには寝る、規則正しく就寝するなど、生活のリズムを整えれば効果が出てきますよ。

ストレス発散に、運動をしたり趣味に打ち込むことも大切です。
ストレスがたまると、体内に活性酸素が湧いてしまいます。
それを防ぐためにも、定期的に発散ができるような、自分なりのストレス解消法を持っておくのがおすすめです。

最後に、肌のダメージを減らすために、紫外線対策を行います。
ニキビ跡として残りやすくなってしまうので、外出の際には日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶって対策を取りましょう。

 

 

まとめ


30代の大人のニキビについて、いかがでしたか?
大人のニキビは、1度できると何度も繰り返してしまうので、悩みの種になることが多いです。
また、繰り返してしまうことから、ニキビ跡になりやすいという特徴があります。
今あるニキビを改善する必要もありますが、ニキビができないような健康的な身体作りが重要になります。
自分に当てはまる原因が何かをチェックし、それぞれ改善をしていきましょう。
ニキビ対策だけではなく、健康に直結する内容ばかりなので、色々と試してみてくださいね。