オイルはNG!?肌に悪いクレンジング方法とは?

「クレンジングは肌に悪い!オイルは特によくない」ということを耳にしたことはありませんか?
メイクをきれいさっぱり落としてくれるクレンジングですが、その洗浄力ゆえに肌への負担が大きいと言われています。

 

オイルはNG!?肌に悪いクレンジング方法とは?


オイルは、肌に悪いクレンジングなのでしょうか?
今回は、そんなオイルクレンジングの負担を軽くする方法を紹介します。

 

 

オイルクレンジングが肌に悪いといわれる理由は?


そもそも、どうしてオイルクレンジングは肌に悪いのでしょうか?
その理由は、界面活性剤という成分にあります。
おそらく1度は聞いたことのある成分だとは思いますが、水分と油分を混ぜ合わせる際に、必要なものになっています。
シャンプーや食器洗剤にも使われていることから、知っている方も多いと思います。
オイルクレンジングには、この界面活性剤が多く含まれていて、必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を引き起こす場合があります。

また、オイル特有の滑りの良さから、ついついメイクを落とす際に力を入れて擦ってしまうことも。
肌に摩擦のダメージを与え、必要な潤いを落としてしまう可能性があります。
このような背景から、オイルクレンジングは肌に悪いと言われているのかもしれません。

 

 

オイルクレンジングを使う際の注意点


とりあえずオイルクレンジングを使っているという方は、まずは自分のメイクを見直してみてください。
オイルクレンジングはその高い洗浄力から、濃いメイクを落とすのに効果的です。
もしメイクが薄いようであれば、わざわざオイルタイプを使う必要はありません。濃い場合のみ使うなどの、使い分けが大切です。

また、オイルだからと言って、クレンジングをしながらマッサージをするのはやめましょう。
摩擦で肌を傷つけるだけではなく、必要な皮脂を取ることで肌がカサカサになってしまいます。
乾燥は様々な肌トラブルの原因になってしまうので、マッサージをしたい場合は、それ専用の商品を使うようにしてください!

 

 

オイルクレンジングは乳化が重要!


様々なデメリットはありますが、正しい使い方をすれば肌への負担を軽減することができます。
オイルクレンジングでは、「乳化」が最も重要になります。乳化は、オイルと水をなじませることで生じます。

① Tゾーン→Uゾーン→目元、口元の順で、オイルクレンジングとメイクをなじませます。
② 手のひらに水を数滴たらし、顔のオイルと混ぜて乳化をさせていください。色が白っぽくなり、軽い質感になれば乳化完了です。
③ 最後に35度前後のぬるま湯で、クレンジングをすすぎます。
乳化をさせればオイルのべたつきもなくなるので、よりすすぎ落しやすくなりますよ。
乳化の際には、肌をゴシゴシ擦らないように気をつけてください。
メイクの落ちが悪いようであれば、ポイントリムーバーを使って、擦る必要がないようにしてあげましょう。
乳化をせずに済ませようとすると、なかなかオイルが落ちず肌への負担が多くなるので、このひと手間を追加してあげることが大切です。

 

 

まとめ


オイルクレンジングについて紹介しましたが、いかがでしたか?
いつもオイルクレンジングを使っているけど、乳化はしてなかった!という方も多いのではないでしょうか。
正しい使い方をしなければ、どれも肌に悪いクレンジングになり得ます。
オイルクレンジングが一概に悪いというわけではないので、正しい使い方をして、肌への負担を少なくしてあげましょう!
メイクの濃さや肌質に合わせて、クレンジングの種類を選ぶ必要があります。
とりあえず定番だからという理由でオイルクレンジングを使うのではなく、本当に自分にとって最適なものなのかを考えて、使うようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?