日焼け対策はファンデーションだけでOK?美白のためのメイク方法

1年中降り注ぐ紫外線。夏以外にも、私たちは紫外線の影響を受けています。
UVカット効果のあるファンデーションもありますが、それだけでも日焼け対策はできるのでしょうか?

 

日焼け対策はファンデーションだけでOK?美白のためのメイク方法

 


UV効果があるファンデーションなのになぜか日焼けをしてしまう...という方は、使い方が間違っているかもしれません。
美しい白い肌にとって、紫外線は大敵です。今回は、そんな日焼け防止用のメイクについて紹介していきます!

 

 

日焼け防止のメイク方法とは?


日焼けをしないようにするには、メイクの順番が重要になります。
いつもどのような順番でメイクを行っていますか?
日焼け止めと化粧下地の順番なども、注意する必要があります。

日焼け止めは紫外線をブロックし、化粧下地はメイクのための肌のベースを整える役割があります。
そのため、まずは日焼け止めを塗り、次に化粧下地を塗るのがおすすめです。
しかし最近では、高い紫外線ブロック効果を持った化粧下地もあります。そういった商品であれば、1つで問題ありません。

日焼け止めを塗り、肌にしっかりと馴染んでから下地を塗るようにしましょう。
その前に下地を塗ってしまうと、ムラができて肌にしっかりと密着しません。
ベースが整っていないと、ファンデーションも崩れやすくなるので要注意です。
次にコンシーラやコントロールカラーで、気になるポイントをカバーします。
最後にファンデーションを塗れば、崩れにくくかつ紫外線対策バッチリの肌が整いますよ。

 

 

ファンデーションだけで日焼け対策はできる?


どちらも併用するとより効果がアップしますが、毎日それでは肌への負担が大きいですよね。
そんな時には、ファンデーションだけで日焼け対策を行ってあげましょう。
ムラのないように塗れば、日常生活であれば十分な効果を発揮します。

紫外線対策に特におすすめなのが、パウダーファンデーションです。
リキッドやクリームタイプでもある程度紫外線は防げますが、パウダーに比べ密着度が低く、日焼け止め効果が下がりやすいです。
パウダーは、肌への負担が少なくピタッとつくので、紫外線防止効果が高いです。

 

 

日焼け止めの塗り直し方法


メイクをしているときに日焼け止めを塗りなおすには、アイメイク以外を落としてから塗りなおすのがベストです。
アイメイクを落とした後は、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順で重ねていきましょう。
これをすれば、紫外線もしっかりとブロックすることができます。

しかし、毎回そこまでしっかりと塗りなおすのは面倒ですよね?
そんなときに便利なのが、パウダーファンデーションです。
ティッシュなどで汗や皮脂を押さえ、ファンデーションのヨレを取ってしまったあと、ブラシでくるくると顔全体にパウダーを乗せてあげましょう。
それだけでもUV効果があるので、紫外線対策になります。

日焼け止めは、どんなに数値が高くても塗りなおさなければ意味がありません。
そのため、UV効果が高いだけではなく、塗りなおしやすいかどうかも重要なポイントになってきます。
うまくパウダーファンデーションを使いこなせば、とても簡単に紫外線予防ができますよ。

 

 

まとめ


ファンデーションでの日焼け対策を紹介しましたが、いかがでしたか?
UV効果が含まれているファンデーションであれば、しっかりと紫外線を予防することができます。
ただし1度塗って終わりではNGです!どうしても徐々に効果が落ちてくるので、塗りなおしてあげることが美白への近道になります。
うまくパウダーファンデーションを使って、ラクラク日焼け対策を行ってみてくださいね。