本当に安全?ファンデーションに含まれる成分とは?

ファンデーションの成分について考えたことはありますか?
ほぼ毎日顔につけるものなので、その成分によっては肌にダメージを与えてしまうこともあります。

 

本当に安全?ファンデーションに含まれる成分とは?


敏感肌の方であれば、成分をしっかりとチェックしていますが、そうでない方ならあまり見ないということが多いですよね。
肌をキレイに見せつつも、肌へのダメージが少なくなるように、改めて成分について確認していきましょう。

 

 

ファンデーションに含まれる刺激になりやすい成分とは?


一つ目にあげられるのが、石油系合成香料です。
自然のものに比べ、石油を原料にしているため香りが安定するといった利点があります。
しかし合成香料は、種類によってホルモンのバランスに影響を及ぼしてしまうという論文が発表されています。
そのため、人によっては肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

二つ目は界面活性剤です。
ファンデーション以外にもよく使われているので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
シャンプーやクレンジングオイルに使われていますが、リキッドやクリームタイプのファンデーションにも使われています。

三つ目は防腐剤です。名前からわかるように、開封後の劣化を防ぐための成分です。
メチルパラベンやエチルパラベンなどの種類があり、敏感肌の人は皮膚炎やアレルギーを起こす場合があります。

このように、ファンデーションには刺激になりやすい成分が含まれているので、自分の肌に合った種類を選ぶことが大切になります。

 

 

ファンデーションの成分を意識して選ぼう


クリームやリキッド、固形のファンデーションは、肌にピタッと密着して美肌に見せてくれます。
しかし、水と油が含まれているため、この両者を混ぜ合わせる効果のある界面活性剤が使われている割合が高いです。

その他にも、様々な刺激のある成分がファンデーションには含まれています。
成分の名前を覚えることは難しいので、まずは配合成分の数が少ないものを選ぶようにしましょう。
一般的には、成分の種類が多いほど、化学薬品が使われている可能性が高いです。
また。天然由来の成分である「酸化チタン」と「酸化亜鉛」が使われているかどうかをチェックしてみてください。
これらの成分は、肌色をした天然鉱石を削っているので、肌への刺激が少ないです。

 

 

成分が気になるなら、パウダーファンデーションがおすすめ!


パウダーファンデーションには、界面活性剤が使われていません。
そのため、他のタイプのファンデーションに比べ、肌への負担が少ないです。
それゆえにカバー力も低いのですが、肌への負担を少なくして素肌を整えてあげれば、カバー力がなくても大丈夫なので、長い目で見ると美肌効果抜群です。

また、パウダーファンデーションは、クレンジングを使わなくてもお湯だけで落とすことができます。
クレンジングはどうしても肌の水分や油分を取ってしまうので、肌を傷つけてしまいます。
そのため、日々のクレンジングを行わなくていいだけで、徐々に肌がきれいな状態に変わっていきます。

ダメージが少ないだけではなく、ブラシでさっと乗せてあげるだけでベースメイクが完成するので、朝のメイク時間短縮にもなります。
リキッドなどに比べ薄付きなので、とてもナチュラルな仕上がりで、透明感のある肌を演出することができますよ。

 

 

まとめ


改めて成分を見てみると、肌に負担をかけてしまうものが多かったですね!
毎日顔に使うからこそ、成分にはこだわってあげましょう。
ファンデーションでカバーをするではなく、「美しい素肌をよりきれいに見せる」ような使い方ができるように、肌に合ったファンデーションを選んでくださいね。