オイリー肌の原因と肌のテカリを抑える方法とは

テカリやメイク崩れが気になるオイリー肌。
ニキビや毛穴の開きなど、何かと肌トラブルが起きやすいので、悩んでいる方も多いですよね。

 

オイリー肌の原因と肌のテカリを抑える方法とは


体質的なものでどうしても根本的には改善できない場合もありますが、間違ったケアを行うとオイリー肌が悪化することもあります。

 

 

肌がテカる!オイリー肌の原因とは?


生まれつき皮脂量が多い遺伝性を除けば、2つの原因があると言われています。

1つは、男性ホルモンの影響です。
テストステロンやアンドロゲンは、皮脂腺を増やしたり、分泌を活発にする役割があります。
そのため、男性ホルモンのバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

生活習慣の乱れも、オイリー肌につながる原因です。
食生活が乱れたり、スキンケアがおろそかになってしまうと、皮脂量のバランスが崩れてしまいます。
以前はそうでもなかったのに、オイリー肌になってしまった...という場合には、これらの原因が考えられます。

 

 

肌のテカリを抑えるスキンケア


保湿不足、洗いすぎ、肌に摩擦ダメージを与えることは、オイリー肌には厳禁です。
オイリー肌だと、保湿を軽めにしてしまうという方が多いですが、それはむしろ逆効果です。
保湿が不足してしまうと、皮脂を分泌して乾燥を防ごうとしてしまい、結果としてテカリがひどくなります。
保湿ケアをしっかりと行うことで、水分と油分のバランスが良くなるので、テカリを抑えることにつながります。

同様に、皮脂をしっかりと落とそうと洗いすぎることも、過剰な肘分泌につながります。
必要な皮脂を肌に残しつつ洗顔ができるように、刺激の少ない洗顔料を使うようにしましょう。
また、顔を洗う際には、摩擦の刺激を与えないようにしてください。
洗顔料をたっぷりと泡立て、優しく洗ってあげましょう。摩擦を与えると、肌の必要な角質をそぎ落とすことになります。
肌のバリア機能をキープするためにも、摩擦ダメージを与えないことがポイントです。

 

 

テカってしまったら?メイク直し方法


まずは、朝イチのメイクの状態を見直しましょう。
メイク前にはティッシュオフで、肌の余分な皮脂を取っておきましょう。
余分な皮脂の上にメイクをしてしまうと、メイクが崩れやすくなってしまいます。
肌にピタッとファンデーションが密着するように、土台を作ってあげます。

日中のメイク直しには、同じようにティッシュオフをしてあげましょう。
脂取り紙は、油分や水分を取りすぎてしまうので、あまりおすすめではありません。
ベースのお直しには、パウダー系のファンデーションを使ってあげてください。
パウダーが油分を吸収してくれるので、サラッとした仕上がりになってくれます。
スポンジだと付けすぎてしまう場合が多いので、ブラシでくるくると乗せるのがおすすめです。

あまりにもテカリがひどい場合には、1度化粧水をスプレーして、肌の状態を整えてあげましょう。
ティッシュオフで皮脂を取り、化粧水のミストを肌に吹きかけてください。
これで肌の水分がチャージできるので、再度ティッシュで押さえ、ファンデーションを乗せてあげれば完了です!
小鼻の周りなどの細かい部分は、綿棒を使えばうまく皮脂が取れますよ!

 

 

まとめ


元々の体質も影響しますが、日頃の生活習慣やスキンケアも、肌のテカリには大きな影響を及ぼします。
オイリー肌を悪化させないためにも、洗顔や保湿など、しっかりと意識をして肌をいたわってあげましょう。
食生活の乱れに心当たりがある方は、これを機に食事を見直してみてください、
日中のメイク直しが楽になるように、ベースとなる肌を整えていきましょう。