秋になると太るのは本当!?秋太りの対策法とは

食べ物がおいしい食欲の秋!この季節にはいつも太ってしまう.....という方も多いですよね。
夏の薄着から徐々に露出が減ることもあり、ついつい気が抜けてしまうことも。

 

秋になると太るのは本当!?秋太りの対策法とは

 


そんな秋だからこそ、意識をして体型をキープする必要があります。
今回は秋太り対策について、紹介していきます。

 

秋は太る季節?その原因は


美味しい食べ物が多いとはいえ、なぜ秋には食欲が増してしまうのでしょうか?
その原因は夏にあります。
最近では毎年猛暑ということもあり、夏バテや胃腸の不調で食欲が低下することが多いです。
栄養不足のまま秋に突入をしてしまうと、不足分を補おうと食欲が増えます。
その流れに身を任せてたくさん食べてしまうと、必要なもの以上に体に取り込んでしまい、太ってしまいます。

また、冬に向けて脂肪をため込むという、人間の特性も影響してきます。
脂肪は寒さから身を守ってくれるので、そのために体に脂肪を蓄えようとします。
脳がたくさん食べるように指示を出し、結果として食欲が増してしまいます。
これらの原因を踏まえたうえで、しっかりと対策を取らないと、食欲に負けてしまいますよ!

 

 

秋は本来痩せやすい季節


このように、秋は誘惑の多い季節になりますが、その一方で痩せやすい時期でもあります。
気温と体温に差があると、人間の体は体温を維持するためにエネルギーを使います。
一見代謝が高まっているように見える夏は、それほどエネルギーを使いません。
秋になり気温が下がってくると、体温を維持するために代謝が上がっていきます。
そのため、エネルギーが積極的に消費されるようになり、秋は痩せやすい体になっていきます。

 

 

秋太りを防ぐ方法とは


理解をしていてもなかなか防げないもの。
どういった対策を取れば、太らずに体型をキープしていけるのでしょうか。

 

 

秋太り対策①:食欲をコントロールする


美味しい食べ物をたくさん食べたくなりますが、心を鬼にして量をコントロールしましょう。
ガツガツ食べずにゆっくりと噛んで食べれば、それほど量を食べなくても満腹感を感じることができます。
一般的に満腹感を感じるまでは10分以上かかると言われているので、時間をかけて秋の味覚を味わうようにしてください。

 

 

秋太り対策②:運動をする


秋は夏や冬に比べ、運動をするのに適した季節です。
ほどよく涼しいので、ウォーキングやジョギングを行うのにぴったりです。
脂肪を落とすには、激しい運動をするのではなく、有酸素運動を20分以上行うのがポイントです。
紅葉など自然が美しい季節でもあるので、家の周辺や公園などにウォーキングに行き、季節を感じながら楽しく運動をするのがおすすめです。

 

 

秋太り対策③:体を冷やさない


気温が下がることで、体が冷えやすくなってしまいます。
冷えが悪化すると、血流が悪くなり、体に老廃物が貯まりやすくなります。
そうするとむくみがひどくなり、痩せにくい体質になってしまうこともあります。
リンパの流れや血行が良くなるように、冷え対策を行ってください。
秋は気温の変化が激しく、昼は暑くても夜は寒いといった気候が続く場合も多いです。
薄着でいたり、冷たい飲み物を飲みすぎたりして、体を冷やさないようにしましょう。

 

 

まとめ


秋太りについて紹介してきましたが、いかがでしたか?
おいしい食べ物がたくさんあるからこそ、自分でしっかりと管理をする必要があります。
寒い時期は着ぶくれしやすいので、太ってしまうとより一層大きく見えてしまいます。
秋に入り、寒くなるにつれて太るなんてことがないように、対策をとって体型を維持しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?