冬になると太る原因は?冬太りの予防と解消法とは

「冬になるとなぜか太る」といいますが、本当にそうなのでしょうか?
何かと誘惑が多い季節ですが、太る原因を把握しておけばスッキリボディをキープすることができます。

 

冬になると太る原因は?冬太りの予防と解消法とは


夏に引き締めた体が太ってしまわないためにも、予防方法をチェックしていきましょう。

 

 

冬に太るというのは嘘?


一概に、冬は太るというわけではありません。むしろ冬のほうが、痩せやすいともいわれています。
夏はたくさん汗をかくので、なんとなく燃焼しているような気がしてしまいますが、そうではありません。
あくまでも体温調整のために汗が出ているので、代謝が上がっているわけではないです。

冬は寒さで体を冷やさないように、脂肪を燃焼して体の温度を上げようとします。
そのため、夏に比べて代謝が上がるため、燃焼しやすい体になって痩せやすくなる言われています。

 

 

それでも冬に太る原因とは


それでも太ってしまうということは、必ず原因があります。
皆さんも心当たりがあるように、1番の原因は飲みすぎ&食べすぎです。
秋~冬のシーズンは、何かとおいしい食べ物が多いですよね?
どうしても夏に比べると食べ過ぎてしまう、というのが実情です。

また、夏に夏バテになっていた方は、その反動で食欲が増すということもあります。
他にも、年末年始は、忘年会や新年会などの飲み会の回数が増えます。
どうしても摂取カロリーが増えてしまうというのが、冬太りにつながってしまうのです!

服装のせいで、自分の体型の変化に気づきにくいということも、徐々に太っていく原因です。
夏は薄着なので、少しでも太るとすぐに気がつきます。
あれ?二の腕が前より太くなったかもしれない..。というシチュエーションは、女性であれば誰もが経験しますよね。
寒さ対策で厚着をしていると、変化に鈍感になってしまいます。
気がついたときには、数キロ増えていたということもあり得ます。

夏に比べると外出や運動の機会が減って、エネルギーの消費量が下がってしまうことも、冬太に関係します。
同じ量を食べていても、どうしても夏と冬では差が出てしまいます。

冬太りの原因は様々な内容がありますが、考えてみると心当たりがあるものばかりですね。

 

 

冬に太るのを予防&解消するには


まずは、食べ過ぎ&飲みすぎをコントロールしていきましょう。
仕事関係の飲み会はどうしても避けられないので、それ以外の食事を調整すれば、カロリーをコントロールすることができます。
美味しい食事を見るとたくさん食べたくなりますが、そこをグッと押さえてください。
食事を我慢したくない!という方は、ある程度の食事量はマストで調整が必要ですが、運動をしてカロリーを消費してあげましょう。

それにプラス、食べる順番にも気をつけてください。
血糖値を急激にあげないようにすれば、太りにくくなります。
スープ→野菜→肉・魚→炭水化物の順で、食べてみてくださいね。

また、休みに余裕があるのなら、プチ断食をしてみるのがおすすめです。
暴飲暴食をしていると、脳が「とにかく何かを食べたい」という状態になってしまい、食欲を抑えられなくなることがあります。
疲れた内臓を休めてあげる意味も込めて、週末にはプチ断食に挑戦してみてください。
重く感じていた体が、スッキリと軽く感じますよ。

 

 

まとめ


楽しいイベントが盛りだくさんの冬。しかし気を抜いてしまうと、春になったころには、太って大きなサイズに...なんてことになるかもしれません。
後悔しないためにも、冬太り対策を行って体型をキープしましょう!
飲み会が続く時期には、うまく食事をコントロールして、体をいたわってあげてくださいね。