女性の腹筋!腹筋を鍛えるメリットとポイントは?

インスタや雑誌で見るキュッと引き締まった腹筋のモデルさん。
健康的にしまっていてとてもかっこいいですよね。

 

女性の腹筋!腹筋を鍛えるメリットとポイントは?


腹筋を鍛えるとゴツゴツした体格になりそうと思ってしまいますが、実はそうではありません!
腹筋を鍛えると、自然と女性らしい体のラインになるんですよ。

 

 

女性の腹筋はメリットがたくさん!


腹筋を鍛えると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
それぞれチェックをして、その効果を確かめていきましょう。

 

 

女性の腹筋のメリット①くびれができる


腹筋を鍛えることで、筋肉のコルセットが出来上がるため、女性らしいくびれを作ることができます。
くびれができると、バストとヒップがより魅力的に見えるので、全体的にメリハリのあるボディラインになります

 

 

女性の腹筋のメリット②便秘解消


便秘には様々な原因がありますが、その一つが腹筋の弱さです。
女性は男性に比べると筋肉が付きづらいこともあり、腹筋が弱い場合がほとんどです。
腹筋の力が弱くなっていると、便を出す勢いが十分に足りず、便秘になってしまいます。
腹筋を鍛えれば便がスムーズに出るようになり、ポッコリお腹も解消にもつながりますよ。

 

 

女性の腹筋のメリット③基礎代謝アップ


基礎代謝とは、何もしなくても自然と消費するカロリー量です。
筋肉量が少ない女性は、この基礎代謝が低く、痩せにくい体質になっていることが多いです。
基礎代謝さえ増やせば、自然と全身が痩せていきます。腹筋を鍛えれば筋肉量が増え、基礎代謝が上昇します。
それと同時に摂取カロリーをコントロールすれば、スムーズにダイエットを成功させることができるので、うれしい効果がたくさんあります。

 

 

女性が腹筋を鍛えるポイントとは


女性はホルモンの関係で、どうしても皮下脂肪がつきやすくなってしまいます。
皮下脂肪を落とすには、運動はもちろんのこと、カロリーをコントロールすることがポイントになってきます。
スイーツや脂っぽいものを頻繁に食べていると、皮下脂肪は落ちません。
トレーニングを集中して行う際には、食事内容に気をつけるようにしましょう。

しなやかで美しい筋肉をつけるには、インナーマッスルを鍛えるのが効果的です。
バキバキに割れた腹筋よりも、縦筋が入るような腹筋が魅力的ですよね。
内側の筋肉を鍛えれば、自然と姿勢も良くなるので、様々なメリットがありますよ!

 

 

女性の腹筋を鍛える筋トレ


初心者におすすめなのが「クランチ」です
。一般的なクランチだと、筋力の弱い女性にはきついので、今回は特に初心者向けの方法を紹介します。

① 枕orクッションを20~30cmにして背後に置きます。
② 膝を90度に曲げて座ります。このとき、かかとをしっかりと床につけてください。
③ 手を耳の横にあて、背後のクッションに向かって倒れます。
④ クッションが背中にあたったのを感じたら、腹筋を縮こませて起き上がります。額が膝につくくらい、上がるようにします。
これを10回、2~3セット行えばOKです。
負荷を調整したい場合には、クッションの高さを低くしてみてください。
まずはこのクランチをマスターし、問題なく続けることができたら、通常のクランチにきりかえてみてください。

 

 

まとめ


腹筋を鍛えるなんてバキバキになるのが嫌だ...。という人もいますが、筋肉のつきにくい女性は、通常のトレーニングをしているくらいではバキバキにはなりません。
むしろ女性らしいボディラインをキープするには、腹筋が必要不可欠です。
見た目ももちろんですが、健康面でもプラスの効果があるので、ぜひ紹介した内容を参考にトレーニングを始めてみてくださいね!