手のカサカサ&かゆみなどの手荒れを予防&改善するには

手荒れは見た目だけではなく、その症状から日常生活にも影響が出てしまいツラい思いをすることも。
放置をしていると悪化してしまうものの、原因が分からず対処に困っているという方も多いですよね。

 

手のカサカサ&かゆみなどの手荒れを予防&改善するには


手のカサカサやかゆみなどは、どうして起こるのでしょうか?その原因と対策をチェックしてきましょう。

 

 

カサカサの手荒れの原因とは


手荒れの原因の多くは、水仕事にあります。
食器洗いなどをする際、どうしても洗剤を触ってしまいますよね。
頑固な油汚れをスッキリ落とす洗剤は、手の必要な皮脂も落としてしまいます。
皮脂は手の水分をとどめるための蓋の役割をしているため、それがなくなってしまうと水分が蒸発してしまいます。
毎日水仕事を行っているだけで、手にはかなりのダメージを与えることになります。

また、それ以外にも手の乾燥を悪化させる原因がたくさんあります。
秋や冬などの季節は空気が乾燥しているため、どうしても手の潤いもなくなってしまいます。
季節以外にも、紙や衣服を頻繁に触ることでも、手の水分が奪われ乾燥してしまいます。

このように、日常生活の様々な場面で、手が乾燥してしまう要因が隠れているのです。

 

 

カサカサ手荒れの予防&改善方法


水仕事での手荒れを防ぐには、洗剤の種類を変えるorゴム手袋をすることが効果的です。
食器の汚れを落としつつも肌に優しい洗剤にしてあげれば、それだけでも手へのダメージが減ります。
また、熱いお湯のほうが汚れが落ちやすいですが、皮脂を落としてしまわないぬるま湯で作業をすることも大切です。
そんなのは面倒だ!という方は、ゴム手袋をすればOKです。

手の乾燥を改善するには、ハンドクリームで保湿ケアをするのがおすすめです。
手を洗ったり水仕事をした後には、小まめにハンドクリームを塗りなおすようにしましょう。
日焼け止めと同様に、塗りなおすことが重要になります。
より浸透をよくするには、手のひらで温めてから塗るのがポイントです。
浸透が良くなるので、べたつきも軽減されますよ。
コッテリ系からサラッとしたテクスチャのものまで、様々な商品が販売されているのでお気に入りの1つを見つけてくださいね。

 

 

治らない手のカサカサは皮膚疾患かも?


保湿ケアをしっかり行っているのにカサカサが改善されない....という場合には、原因が肌荒れではない可能性があります。
定期的に肌荒れを起こすという方は、何らかの皮膚炎にかかっていることも。
アトピーやアレルギーなどの症状として、肌荒れも存在します。
昔はそんなことはなかったという場合でも、アトピーやアレルギーは大人になってからも発症する可能性はあります。

皮膚炎以外にも、手水虫も手がカサカサになる症状があります。
水虫というと足のイメージがありますが、実は手にもあります。
白癬菌というカビが寄生すると、水虫を発症してしまいます。
ほとんどが足の水虫からの繁殖なので、足水虫の方はこの病気を疑ってみましょう。

「なぜか症状が軽くならない」「いつもと違うカサカサな気がする」「何度も繰り返している」と感じた際は、すぐに病院に行くようにしてくださいね。
そのままにしてしまうと、どんどん症状が悪化してしまうこともありますよ。

 

 

まとめ


手荒れには、避けようと思っても避けられない要素が影響を及ぼします。
大切なことは予防を行うことです。水仕事にはゴム手袋、乾燥には保湿といった、それぞれにマッチした対策を取りましょう!
手は何気なく目に入る部位ではありますが、印象を左右する大切なポイントです。
カサカサ知らずの潤いのある手を目指して、日々のケアを継続して行ってくださいね。