老けて見える!手のシワを予防&改善するには?

何気なく前に出された手。よ~く見てみるとシワが!ということはありませんか?
年齢が表れやすいと言われている手は、顔に比べると10年早く老化するという説も。

 

老けて見える!手のシワを予防&改善するには?

 


書類を渡す、キーボードのタイピング、お金の支払いなど、日常の何気ない場所で手は意外と見られてしまっています。
そんな手のシワをなくすには、ポイントを押さえて予防&ケアをする必要があります。

 

 

手にシワが出来てしまう原因とは


手が老化してシワができる1番の原因は、紫外線のダメージです。紫外線にはUVAとUVBが存在しますが、UVAはコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。
これらの成分は、肌のハリをキープするために必要不可欠なものです。
ダメージを受けることでハリがドンドン低下してしまい、手のシワが目立ちはじめるということにつながります。

手は夏でも冬でも露出をしているので、体の他の部位に比べて紫外線のダメージを受けやすいです。
しかし、「手まで紫外線対策を行っている」という人は少ないのが現状です。

 

 

手のシワの予防


このような背景から、シワを予防するには紫外線対策が最も重要になってきます。
顔と同じように、手にも日焼け止めを塗ってあげましょう。それほど範囲が広くないので、ついでに塗ればそれほど負担ではありませんね!
車の運転をよくするという人は特に注意で、日焼け止めにプラスしてUVカットの手袋をつけるのがおすすめです。

次に、肌が乾燥しないように対策を取っていきましょう。
水仕事や手を洗った時、手を濡れたままにしていませんか?
水分をふき取らないと、水分が蒸発するときに手の水分も一緒に蒸発してしまいます。
手が濡れてしまった時には、すぐに水分をふき取ってあげてください。
食器洗い洗剤も、肌を乾燥させる原因の一つです。食器の油汚れを簡単に落とす洗剤は、手の油分も落としてしまいます。
水分をとどめるための膜がなくなってしまうので、油分がなくなると水分が蒸発してしまいます。
そうならないためにも、食器を洗う際にはゴム手袋をつけて、手で直接洗剤を触らないようにしてください!

 

 

手のシワの改善法


シワの改善には、保湿ケアがポイントになってきます。
ハンドクリームを使って、手に潤いをチャージしてあげましょう。
手を洗った後や寝る前など、小まめにクリームを塗れば潤いをキープすることができます。
ハンドクリームを使う際には、まずてのひらであたためてください。
そうすれば浸透力が高まるので、ぐんぐんクリームを吸い込んでくれるようになります。

指先や指の間にもしっかりとクリームを塗りこみ、隅々までケアしてください。
保湿効果をアップさせたい場合には、クリームを塗ったあとに綿手袋をしてみてください。それだけで、肌がしっとりとしますよ。

保湿ケアをするときには、合わせてハンドマッサージも行ってみましょう。
血行が促進されることで新陳代謝が良くなり、シワ解消にもつながります。
肌に摩擦ダメージを与えてしまうと、よりシワが悪化してしまいます。
必ずクリームをつけて滑りを良くしてからマッサージをしてくださいね。
一緒にツボ押しも行えば、体全体の健康にもつながります!

 

 

まとめ


見た目年齢を引き上げるのは、顔のシワだけではありません。
顔のケアばかり重点的に行ってしまいがちですが、手も同様にケアが必要な部位です。
スペシャルケアをするのが面倒という方は、顔のスキンケアの際に余った化粧品を手につけてみてください。
それだけでも、手のシワは徐々に改善することができます!
シワがなく、つるっとモッチリした手を目指して、毎日継続してケアを行ってあげましょう。