手がカサカサになる原因は?手の乾燥を防ぐ方法

手がカサカサしてあかぎれが痛い。そんな手荒れのトラブルを抱える方は、とても多いです。
特に水仕事の多い主婦にとって、手荒れは切っても切り離せないものです。

 

手がカサカサになる原因は?手の乾燥を防ぐ方法


手はどうして乾燥をしてしまうでしょうか?その原因と対策をチェックして、乾燥しらずの手を目指しましょう!

 

 

手が乾燥する原因とは?


手は体のほかの部位に比べ、皮脂腺が少ないです、そのため、皮脂膜によるバリアが薄いため、乾燥しやすいとう特徴があります。
また、皮脂膜をはがしてしまう水やお湯、紙に触れる機会が多いです。
その結果、皮脂膜がなくなり、角質層にある水分が蒸発してしまうのです。

また、季節による要因も大きいです。空気が乾燥している冬は、肌が乾燥しやすいです。
その上、夏に比べると紫外線対策をしていない方が多く、肌がよりダメージを受けやすい状態になってしまっています。
紫外線は肌の老化を促進してしまうので、手の乾燥やシミ、シワが増えていきます。
エアコンの風も、気がつかないうちに肌の水分を奪ってしまいます。
最近では夏も冬も空調が強くきいている場所が多いので、手の乾燥を悪化させる環境が増えていると言えますね。

 

 

手の乾燥を放置すると?


手が乾燥し指先がカサついてくると、「ささくれ」ができてしまいます。
服を着るときなどに皮膚がめくれ上がり、ささくれになってしまって痛みを感じた経験がある方も多いのではないでしょうか。
悪化をすると化膿することもあるので、要注意です!

他に乾燥状態が悪化すると、表皮が割れてしまう「ひび」、ひびが真皮にまで及んだ「あかぎれ」などの症状が出てきます。
特にあかぎれは、痛みだけではなくかゆみも伴うことが多く、生活に支障をきたしてしまうこともあります。

 

 

手の乾燥の予防&改善法とは


乾燥をするだけで、様々なトラブルが生じてしまうことが分かりましたね。
これらのトラブルを回避するためにも、乾燥の予防&改善が大切になります。

まずは、今ある乾燥をケアしてあげましょう。
とにかく保湿をしてあげることがポイントです。
ハンドクリームで、手に潤いをチャージしてください。肌を修復する効果がある、ビタミンを含んだ商品を使うのがおすすめです。
また、スペシャルケアとしてハンドパックを行っていきます。
化粧水を含んだティッシュを手の甲に貼るorハンドクリームをたっぷり手につけたあと、ビニール手袋をつけて手首を輪ゴムで止めます。
そのまま10分ほどおいてあげれば、手がしっとりとしますよ。

乾燥予防として最もおすすめなのは、水仕事の時にゴム手袋をすることです。
すでに紹介したように、水やお湯は肌の油分を落としてしまいます。
それだけではなく、洗剤を触ることでも、手の油分は落とされてしまいます。
食器を洗った後に、一気に手が乾燥するのを感じることがありますよね。
これを防ぐためにも、直接触れないよう手袋で保護してあげましょう。

冬場の乾燥対策には、おしゃれを楽しみつつ予防ができる手袋がおすすめです。
最近では、手袋をつけたままでもスマホが触れるような商品も出ているので、色々な種類をチェックしてみてくださいね!

 

 

まとめ


手の乾燥がひどくなると、手を動かすのがつらくなるようなトラブルが生じてしまいます。
あかぎれはその最たるものです。見た目も痛々しいので、手元のおしゃれも楽しめなくなってしまいます。
乾燥対策と保湿ケアを行えば、1年を通して潤いのある手をキープすることができます。
日々のお手入れが大切になってくるので、今回紹介した内容を参考にして、ぜひ手のケアを行ってみてください。