改善しない肌荒れは腸内環境が原因かも?改善法とは

スキンケアをしっかり行い、食生活にも気をつけているのになぜか肌荒れが治らない...。
そんな悩みのある方は、もしかしたら腸内環境に原因があるかもしれません。
腸と肌にどんな関係があるのかと疑問に思ってしまいそうですが、この二つは密接な関係があります。

 

改善しない肌荒れは腸内環境が原因かも?改善法とは


具体的には、どのような関係があるのでしょうか?
今回は腸内環境と肌の関係と、改善方法について紹介していきます!

 

 

肌荒れと腸内環境の関連性とは


便秘がひどいとき、なぜか吹き出物やニキビが増えたという経験はありませんか?
本来便は体に長くとどまることはありません。
しかし便秘になることで、腸内に便がとどまり、腐敗が進んで有毒なガスを生み出してしまいます。
この有毒な成分が腸から吸収されて、体中に行き渡ってしまい、肌荒れへとつながっていきます。

また、腸内環境が乱れてしまうと、ビタミンB群の合成がしっかりと行われなくなると言われています。
このビタミンB群が減ってしまうと、皮脂が過剰に分泌されてニキビができやすくなってしまうのです。

腸内環境と免疫はつながっているので、腸内環境の悪化が免疫の低下を引き起こします。
肌がダメージを受けやすくなってしまうため、普段であれば問題ないことでも、肌荒れの原因となってしまいます。

このように腸内環境が悪いだけで、肌にも様々な影響があります。

 

 

あなたの腸内環境は大丈夫?


まずは、今の腸内環境をチェックしてみましょう!
腸年齢を計測できるサイトがいくつかあるので、ぜひ試してみてください。

便通の回数や大きさ、色、臭いなどの便の状態。運動の頻度や睡眠時間などの生活習慣。
食事の回数、野菜の摂取量、発酵食品を食べているかどうかなどの食生活。
これらの3つの観点から、腸内環境を確かめることができます。
普段の生活を思い返して、それぞれの項目について考えてみてくださいね。

 

 

腸内環境を整えて肌荒れを改善しよう!


腸内環境を整えるには、食事が最も重要になってきます。
水溶性の食物繊維と、不溶性の食物繊維をバランスよく食べるようにしましょう。

【水溶性の食物繊維】
・りんご
・キャベツ
・海藻類

【不溶性の食物繊維】
・里芋
・ほうれん草
・サツマイモ

これらの食品を積極的に取り入れてください。
腸の善玉菌を活発にする、納豆やヨーグルトなどの発酵食品もおすすめです。

適度な運動で腸を刺激してあげることも重要です。
特に女性は腹筋が弱く、腸の働きが鈍くなっていることが多いです。
ポッコリお腹をキュッと引き締める意味も込めて、腹筋や体幹トレーニングで、お腹周りの筋肉を引き締めましょう。

すでに便秘がひどくなっている場合には、マッサージで腸を揉み解してあげるのがおすすめです。
横になって膝を立て、お腹に手を当てます。
「の」を書くようにお腹をマッサージしてあげれば、腸の動きが良くなりますよ!
お腹が温まっているとより効果がアップするので、入浴後に行ってみてください。
座った状態でもOKなので、入浴中に行っても大丈夫ですよ。

 

 

まとめ


腸内環境が、肌に大きな影響を及ぼすことが分かりましたね。
どんなに良い化粧品を使っても、腸の状態が悪ければ効果はなかなか出てきません。
せっかくのスキンケアが無駄にならないためにも、腸内環境を整えて内側から健康な体を作っていきましょう。
運動やマッサージは何とかできるけど、食事は面倒....という方は、サプリメントをうまく活用して、無理なく継続できることができるようにしてください。
腸内環境の改善には、継続が大切になってきます。透き通るような美肌を目指して、意識をして腸をキレイにしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?