テカらない崩れない!メイク崩れを防止する方法とは

毎朝時間をかけてメイクをしても、ふと鏡にうつった自分を見てみるとテカテカ...。そんな悩みはありませんか?

 

テカらない崩れない!メイク崩れを防止する方法とは


時間が経つにつれてメイクが崩れるのはどうしても避けられませんが、少しでも崩れを防止したいですよね。
今回は、メイク崩れを予防する方法を紹介していきます。

 

 

メイク崩れの原因


まずは、メイク崩れの原因をチェックしてみましょう。
原因は大きく3つあります。

1つ目は汗による崩れです。
特に夏場は、汗でファンデーションが流れてしまうことが多いですよね。
汗に関しては体温調整によって自然と出てしまうので、ある程度落ちてしまうのは仕方がありません。
汗っかきの方は、ウォータープルーフの化粧品などを使うのがいいかもしれません。

2つ目の原因は乾燥です。冬場の乾燥はもちろんのこと、最近では空調の影響で季節を問わず空気が乾燥していることが多いです。
肌が乾燥することで、粉をふいてしまったり、シワなどの溝にファンデーションが入り込むなどの影響が出てしまいます。

もちろん皮脂も、メイク崩れにつながってしまいます。
さらっとした汗とは違い、皮脂はじんわりと表面に出てきます。毛
穴から出る皮脂でメイクがはじかれてしまい、皮脂と化粧品が合わさってドロドロとした状態になることもあります。

このように、メイク崩れには様々な原因があるので、これらを踏まえて対策をとる必要があります。

 

 

洗顔・スキンケアからメイク崩れを防止


まずは、土台となる肌の状態を整えます。
これには、洗顔とスキンケアの見直しが大切になります。
皮脂が過剰に分泌されるのは、洗顔で必要な皮脂を落としてしまっていることが原因になることが多いです。
洗顔の段階で、適度な皮脂を残すことがポイントです。
顔を洗う際には、35度前後のぬるま湯を使い、ホイップ状の泡でできる限り摩擦を少なくしてあげてください。
洗顔料が残らないように、しっかりと洗い流すようにしましょう。

スキンケアの際には、1つの工程ごとにハンドプレスをして、成分を肌に馴染ませてあげましょう。
化粧水がまだ肌に浸透していないのに乳液を使うと、メイクの段階で化粧品が肌に残ってしまい、ファンデーションと混じって崩れてしまうことがあります。
顔全体の保湿も重要ですが、Tゾーンは乳液やクリームを薄めに塗り、メイク前にティッシュオフをするようにしましょう。
そうすれば、ファンデーションが肌にピタッと密着して、崩れにくい状態がキープできますよ。

 

 

メイク崩れしないベースメイクの方法とは


ベースメイクで最も重要なのは、化粧下地です。
どんな人でも、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、それだけ崩れやすくなります。
後に塗るファンデーションが薄づきで済むように、化粧下地でベースを整えてあげましょう。
紫外線予防やトーン&皮脂バランスの調整、凹凸を滑らかにするなど、様々な効果があるので、マストで使ってくださいね!

正しい順番でメイクをすることも、崩れ防止に大切です。
化粧下地→コンシーラー→ファンデーション→パウダー→ポイントメイクの順番を守ってください。
この順番でメイクをすれば、化粧が厚塗りにならないです。
より薄くメイクをすることが、崩れ防止には効果的ですよ!

 

 

まとめ


メイク崩れ防止の方法について紹介しましたが、いかがでしたか?
崩れを想定して厚塗りをしては、より一層メイク崩れがひどくなってしまいます。
肌のベースを整えたうえで、いかにファンデーションを薄くつけるかということがポイントになってきます。
そのためにも、素肌をしっかりとケアしてあげることが大切です。
日中なかなかメイク直しの時間が取れないことも多いと思うので、しっかりと対策をして崩れを防止してくださいね。