日焼けによるシミの増加を予防&改善するには

今年の夏こそは!と頑張っていても、うっかり日焼けをしてしまうことって多いですよね?
肌の色が黒くなるといった症状もありますが、日焼けは肌の奥にまでダメージを与えてしまいます。

 

日焼けによるシミの増加を予防&改善するには


最近シミが増えてきた気がする....という方は、昔日焼けをしていたことが多いです。
日焼けによるシミは、どうやって予防をすればいいのでしょうか?

 

 

日焼けするとなぜシミができやすくなる?


シミの原因は、皆さんよくご存じのとおり「メラニン色素」にあります。
このメラニン色素は、本来紫外線から肌を守るために生成されるものですが、紫外線を大量に浴びてしまうと過剰にメラニン色素が作られてしまいます。
本来メラニンは、肌のターンオーバーで自然と排出され、残らないものです。
しかし、メラニンの量が増えてしまうと排出しきれなくなり、皮膚に残ってシミへと変わっていきます。

紫外線は肌の表面だけではなく、奥にまで影響を及ぼします。
表面がダメージを受けて乾燥状態になると、肌のバリア機能が低下します。
そうなると、より肌へのダメージが大きくなってしまい、結果としてシミができやすい肌環境になってしまいます。

 

 

日焼けのシミは予防が重要!


すでに紹介したように、日焼けとシミは密接な関係にあります。
そのため、とにかく日焼け対策をすることが、シミ予防には重要になってきます。

夏だけ日焼け対策をするという方が大多数ですが、紫外線は年中降り注いでいます。
肌の奥にダメージを与えるUVAと表面にダメージを与えるUVBがありますが、UVAは1年を通してある程度の量が降り注いでいます。
反対にUVBは、夏に比べて冬はかなり量が減るので、目に見えて日焼けをするということが減ります。

肌が黒くならないからと油断していては、UVAの影響を受けてしまいます。
日傘や帽子、日焼け止めを活用して、紫外線をブロックしてください。
年中キツい日焼け止めを使う必要はないので、季節やシーンに合わせて使い分けてみてくださいね!

 

 

日焼けしてしまったら?シミにならないために


意識をしていても、どうしても日焼けをしてしまうことがあります。
そう言った場合には、アフターケアを忘れずに行ってあげましょう。
日焼けは、火傷と同じ状態です。まずは炎症を鎮めて、保湿ケアをしてあげます。
肌がとても敏感な状態になっているので、刺激の少ない化粧品を使うのがポイントです。
化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと、肌の熱をクールダウンできるのでおすすめです。

次に美白ケアで、メラニンへアプローチしていきます。
美白成分が含まれている化粧品には、メラニンの生成を抑えたり、排出を促進する効果があります。
いつものラインナップにプラスして、美白化粧品を追加してあげましょう。

外からだけではなく、内側のケアも大切になります。
肌のターンオーバーが正常に行われるように、十分な睡眠をとり、バランスの良い食事で栄養をしっかりと取ってください。
緑黄色野菜やオメガ3脂肪酸を含む魚は、紫外線対策に良いと言われています。積極的にメニューに取り入れてみてくださいね。
どれだけ外からアプローチをしても、肌の再生に必要な環境が整っていないと効果が出ません。
両側からケアをして、効率よくシミを改善していきましょう。

 

 

まとめ


すぐにシミが出るわけではないので、ついつい手を抜きがちな日焼け対策。
数年後にシミに苦しまないためにも、今のお手入れが大切になってきます。
むき卵のような美肌を目指すためにも、日焼け予防&アフターケアを忘れないようにしてください。
日々のケアをしっかりと行えば、シミ知らずの透明感のある肌も夢ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

agment-->