お腹痩せにはスクワット!腹筋よりすごい効果とは

 

お腹痩せにはスクワット!腹筋よりすごい効果とは

様々な形で話題となるお腹痩せ効果の方法ですが、気軽に簡単な方法を選ぶ人も、本格的なトレーニングで確実に成果を出したい人もいますよね。
 

お腹周り、下腹の脂肪を減らすには、やはり脂肪燃焼なのですが、マッサージやエクササイズも多種で、個人に合った方法にたどりつくまでの情報収集も大切です。
 


そこで、簡単でなおかつ本格的なトレーニングである「スクワット」に注目です。
全身のダイエット以外にも、ぽっこりお腹解消の一つとして、人気が高まっているダイエット方法です。

そこで今回は、「スクワット」がどんな時に、どうすれば、どのような効果があるのかなどをご紹介してきます。

 

 

スクワットがお腹痩せに効果的なワケ

お腹痩せダイエットの方法も沢山ありますが、脂肪の燃焼や筋肉を鍛えるなどを目的にしていることではかなり共通していると思います。
そこで今回は、スクワットに注目してみましょう。

スクワットと聞くと、男性やスポーツ選手のハードな筋トレのようなイメージもありますが、実は意外に、お腹痩せのエクササイズになるのです


スクワットで鍛えられるのは、太ももの筋肉なのですが、太ももの筋肉は体の中で一番大きな筋肉です。
そのため、この筋肉を鍛えることで基礎代謝が大きくなり、結果痩せやすい体がつくられるというわけです。

 

  

お腹痩せスクワットの方法とは

ウエストを細くし、お腹周りを理想的に痩せさせる運動には腹筋運動があります。
ただ、腹筋運動で鍛えられるのは、お腹の表面の一部分の筋肉だけともいわれていますので、もっと効果的な筋力アップを目指すならスクワットをおすすめします。

 

 

●ぽっこりお腹をスリムに「ボディメイク・スクワット」


1.両足を肩幅ぐらいに開いて立ち、背中をまっすぐに伸ばして、顔からつま先まで、しっかり前を向いた状態にします。
2. 両腕は頭の後ろに組むか、胸の前で交差させるなどの姿勢にします。
3. 鼻から息を吸いながら、1から8までカウントしながらゆっくりと腰を落とし、8で太ももと床が平行になるように下げていきます。横から見ると、お尻が後ろに突き出たような姿勢になります。
4. 息を吐きながら、元の姿勢に戻り終了です。

 

繰り返す回数は、〝自分の限界を少し超えるまで〟で、キツイなと感じたら、もう一回くらいトライして終了すことで、次第に筋力も強くなります。
 

 

お腹以外も!スクワットの嬉しい効果とは

お腹痩せの運動として、腹筋より効果があるといわれているスクワットですが、効果を期待して実行する場合、その回数、期間など正しいやり方を理解して行う必要があります。


方法を間違わなければ、個人差はあるもののダイエットにも、つながることがわかっています。
スクワットは腹筋ほど回数を重ねることはありません。


消費カロリーが少なくても、ダイエット効果が大きいことは助かりますよね。
ヒップアップ、脚やお腹を痩せさせる効果からボディラインを美しくする全身ダイエットまで、スクワットダイエットに注目が集まっています。

そんな運動量が少ないのに、痩せた効果を実感できると口コミも多いスクワットダイエット。
なぜそんなに効果があるのでしょうか?

スクワットを行うと基礎代謝を上げることで太りにくくなるというメリットの他に、ある程度の筋肉ができてくるということもあります。
筋肉量が増えれば体が引き締まり、美しいボディラインがつくれますよね。
つまり、スクワットダイエットは単に痩せる効果だけでなく、綺麗なボディラインをつくることにもつながるわけです。

また、全身のシェイプアップに効くトレーニングといわれるスクワットですが、お尻が引き締まり、ヒップアップにもつながります。
そして、太ももにあたえる影響が大きいため、下半身が太り気味の方は下半身痩せの効果も期待できます。
ただし、やりすぎると太ももが太くなってしまうことがありますので注意です。

 

まとめ

厳しく辛い筋トレのように思われそうなスクワットですが、回数も少なく消費カロリーも少なく効果がだせる場合もあります。

ぽっこりお腹解消、お腹周り痩せ、ウエストを細くなどの目的で始める人も多いと思いますが、基礎代謝のアップ、ダイエットの効果など、いくつものメリットがありますので、時間のある時に試してみると、理想のスタイルに出会えるかもしれません。

 

この内容で送信します。よろしいですか?