頭皮が臭い!?頭の臭いの原因と改善法とは

電車に乗っているとき、近くの人の頭皮が臭うということはありませんか?
もしかしたら、あなたの頭皮も同じように臭っているかもしれません!
頭の臭いは自分では思っている以上に気づかないもの。

 

頭皮が臭い!?頭の臭いの原因と改善法とは

 


夏だけではなく、冬も実は頭皮の臭いがするという場合もあります。
枕の臭いが気になったり、指で頭皮をこすって臭いをかいで気になれば、頭皮が臭いかもしれません。
では一体、頭の臭いの原因はどこにあるのでしょうか。

 

 

頭皮が臭い原因とは


まずは皮脂汚れがあげられます。
頭皮には、Tゾーンの2倍もの皮脂腺が存在するといわれています。
そのため、他の部位に比べると皮脂が出やすい傾向があります。

皮脂が頭皮に残っている状態だと、酸化してしまい臭いが生じてしまいます。
また、間違った髪の洗い方をすることで、必要な皮脂を落としてしまい、過剰な皮脂が分泌されるということも臭いの原因になってしまいます。
適度な皮脂を残しておくことが、重要だということが分かりますね。

お風呂上りにドライヤーで髪を乾かさないという方は、頭皮の臭いがきつくなる場合があります。
湿った頭皮は、細菌が繁殖しやすい状態になっています。
特に夏場は暑くてドライヤーを使わないことが多いのではないでしょうか?細菌は臭いの原因になってしまいますよ!

他にも、ストレスも臭いに影響を与えます。
ストレスを過剰に感じると、皮脂の分泌が多くなります。
それだけではなく、ストレスを感じることで体内に活性酸素が生じ、脂質と合わさり過酸化脂質になっていきます。
この過酸化脂質は体臭のもとになるため、頭皮以外の臭いにもつながっていきます。

 

 

頭皮の臭いを改善する方法


最も重要なのは、正しい洗い方で髪を洗うことです。
毎日行うことなので、ここが間違っていると頭皮の臭いはなかなか改善されません。
まずはお湯の温度を38度ほどのぬるま湯にして、皮脂をとりすぎないようにしましょう。
頭皮の皮脂汚れやゴミをお湯で流し、手でシャンプーを泡立ててから洗い始めてください。
このとき爪を立てずに、指の腹でマッサージをするように洗うのがポイントです。
シャンプーを洗い流した後は、コンディショナーを付けますが、頭皮にはつけないように気をつけてください。

お風呂上りには、タオルドライで髪の水分をとり、頭皮が乾くようにしっかりとドライヤーの風をあててあげましょう。
どうしても髪に意識が行きがちですが、地肌を乾かすごとが大切です。
毛先が乾いていても頭皮が濡れていると、細菌が繁殖してしまいますよ!

過剰な皮脂や古い角質を取り除くために、頭皮のマッサージをするのもおすすめです。
シャンプーの時に行うのもいいですが、頭皮をスッキリさせる意味も込めてオイルクレンジングをしてあげましょう。
オリーブオイルや椿油、ホホバオイルを使ってマッサージをしてみてください。
人の皮脂に近いオイルになっているので、頭皮に負担をかけずクレンジングをすることができます。
1~2分ほどのマッサージでOKなので、シャンプー前に行ってみてください。
頭皮の血行が良くなれば新陳代謝も良くなり、乾燥対策にもつながりますよ。

 

 

まとめ


いかがでしたか?見た目がバッチリ決まっていても、頭皮が臭えばすべてが台無しになってしまいます!
香りは人の印象を左右するといわれていて、香りで人を好きになることもあるぐらいです。
自分の臭いには気づきにくいということもあるので、改めてチェックをしてみてください。
日々の習慣を変えていけば、必ず頭皮の臭いは改善されます。
1年を通して美髪&いい香りをキープするためにも、ぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね。