冬の紫外線対策!日焼けや肌老化を防ぐポイントとは?

冬になると日焼けを気にしない。特に対策をしていない。という方が増えてきます。
その一方で、1年中紫外線対策は必要という話を聞きますよね?

 

冬の紫外線対策!日焼けや肌老化を防ぐポイントとは?

 


実は、目に見える形でのダメージは確かに夏に比べると少ないですが、内側では大きなダメージを受けてしまっています。
今回は冬の日焼けや肌老化について、詳しく紹介をしていきます!

 

 

冬でも注意したい!肌を老化させる紫外線


紫外線には、UVAとUVBという種類があります。
それぞれ1年を通して降り注いでいますが、その量や特徴には大きな差があります。

UBAは、肌の奥にダメージを与える働きがあり、肌のハリや弾力の低下やシワ、たるみの原因になります。
真冬でも、真夏の半分ほどの量があります。

一方UVBは、肌の表面にダメージを与えてしまいます。
そのため、日焼けやシミ、そばかすといったトラブルの原因になります。
こちらは夏と冬で比べると大きな差があり、夏の5分の1程度になります。

日焼けが起きにくいため紫外線量が少なく感じますが、量自体は一定量あり、肌の内側にもダメージを与えているのです!
そのため、紫外線対策を行っていないと、ドンドン老化が進んでしまいます。

 

 

冬の紫外線対策のポイント


夏と違い、冬場にはどのような紫外線対策を行えばいいのでしょうか?

 

 

日焼け止めの選び方


まずは日焼け止めを、目的に合わせて使い分けることがポイントです。
日常生活であれば、SPF10~20、PA+もしくは++程度で十分です。
何とか紫外線をシャットダウンしようと数値の高いものを選びそうになってしまいますが、高ければ高いほど肌への負担が多くなります。
冬は空気が乾燥して肌トラブルを起こしやすいので、負担の少ないものを使うようにしましょう。

ウィンタースポーツやレジャーの際には、数値の高いものを使って対策を行ってくださいね。
特に雪山は、太陽の光をかなり反射してしまうので、紫外線を浴びる量が増えてしまいますよ!

テクスチャーも、自分の好みのものを選ぶようにしてください。
クリーム、ジェル、パウダーなど、様々なものが販売されています。
肌質や気分に合わせて使い分けてみましょう。冬は、保湿効果の高い種類がおすすめですよ。

 

 

紫外線にあたらない工夫


そうはいっても、毎日日焼け止めを塗るのは嫌だ!という方もいますよね。
そんな時には、別の方法で紫外線をシャットダウンしましょう。
化粧品は、UV効果があるものが多いです。わざわざ日焼け止めを塗らなくても、化粧下地やファンデーションで事足りることもあります。

またファッションでも防ぐことができます。
マフラーや手袋、帽子をかぶって露出を少なくするのも効果的です。
少し外出する、通勤時だけという場合は、このような対策でもOKです !

紫外線は窓ガラスをすり抜けてしまいます。そのため、室内にいるからといって気を抜けません。
家の中で紫外線を浴びないようにするには、窓ガラスにUVカットフィルターを貼ったり、窓際にあまり行かないようにするのがおすすめです。
洗濯物を干すときには、長袖・長ズボン・帽子などを活用してみてください。

 

 

スキンケアや生活習慣


あわせて、スキンケアと生活習慣も見直してみましょう。
肌のバリア機能を働かせるためには、乾燥は大敵です!
しっかりと保湿ケアをして、肌本来のパワーを発揮させましょう。

また、メラニンを抑制するビタミンCが含まれた、化粧品を使うのも効果的です。
サプリが食事でも、積極的にビタミンCを摂取してください。

紫外線のダメージを回復するには、睡眠をとることも大切です。
肌の再生に大切な成長ホルモンは、22時~2時の間に活発に生成されます。
22時は無理だとしても、日が変わる前には寝るようにしてくださいね。

 

 

まとめ


日焼け&老化を防ぐためにも、紫外線対策は大切です。
日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、それ以外の面でも肌をケアしてあげれば、若々しい美肌を目指すことができますよ!