美白のためには冬でも日焼け止めを!冬におすすめの日焼け止めとは

夏に比べると、日差しがきつくないから過ごしやすい。冬は気温が低いということもあり、そう考える方も多いのではないでしょうか?
しかし紫外線という点でいうと、冬もしっかりと降り注いでいます!

 

美白のためには冬でも日焼け止めを!冬におすすめの日焼け止めとは


気を抜かずに日焼け対策をすることが大切です。

 

 

油断しやすい冬の紫外線


夏に比べると、確かに冬の紫外線量は少ないです。
紫外線を浴びる量は、夏の1分と冬の5分が同じくらいだといわれています。
そのため、対策をしていないと、肌が紫外線のダメージを受けてしまいます。

また、紫外線にはUVAとUVBという種類があります。
シワやシミ、たるみといった光老化といわれる症状を引き起こすUVAは、1年を通して比較的量が多いです。
窓ガラスを通り抜けてしまうため、室内にいても影響を受けます。
曇りや雨の日でも、快晴に比べそれぞれ60%と30%の紫外線量があるため、季節や天候を問わず紫外線対策をする必要があります。

 

 

冬におすすめの日焼け止めとは?


まず、保湿力があるものを選びましょう。
冬は空気が乾燥していて、肌も乾燥しやすくなっています。
乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下するため、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。
そうならないためにも、日焼け止めで乾燥対策をしてあげましょう。

次にSPFですが、これは夏ほど高いものを選ぶ必要はありません。
SPF20もあればかなり紫外線をカットできるので、日常使いは20前後のもので十分です。
少し買い物に行ったり洗濯を干すというときは1桁でもOKです。
数値の高いものを塗って終わるというよりは、低いものを塗りなおすというスタイルがおすすめです。
なるべく肌に負担をかけないようにしてあげるのが、ポイントですよ。

ウィンタースポーツの際は、夏のレジャーと同様にしっかりと日焼け対策をする必要があります。
特に雪が積もっている場所は、太陽の光が反射するため、通常よりも紫外線を多く浴びてしまいます。
雪山はそれにプラス、標高が高く空気が澄んでいるので、より条件が悪くなります。
SPFは最低30の日焼け止めを使うようにしましょう!

 

 

冬は日焼け止め&保湿ケアが重要


日焼けのピークである夏を超えているからこそ、日焼け対策と保湿ケアが重要です。
この時期にそれらを行っていないと、肌の色が戻らずシミが定着してしまう恐れがあります。
冬の乾燥は、肌のターンオーバーの乱れにつながります。
保湿をしてターンオーバーがうまくできるようにしてあげると、メラニンが排出されてシミが自然とできなくなります。
これを怠っていると、夏のダメージがシミとして残ってしまうので要注意です!

紹介してきたように、冬でも紫外線はしっかりと降り注いでいます。
対策をしていないと、気をつけていた夏よりもダメージを受けてしまうなんてことになりかねません。
夏のダメージをケアしてあげるためにも、これ以上紫外線の影響を受けないように、日焼け止めをしっかりと塗っておきましょう。
顔だけに意識が行きがちですが、首も忘れないようにしてください。
顔と首の色の差が広がってしまうと、ファンデーションの色が浮いてしまう原因になってしまいます。

 

 

まとめ


いかがでしたか?ついつい気を抜いてしまいがちですが、冬でもしっかりと日焼け対策を行う必要がありましたね。
日焼け止めは、様々なタイプのものが販売されています。
クリームやジェル、BBクリームタイプなどがあるので、自分の生活スタイルや好きなテクスチャのものを選んでみてくださいね。
しっかりと冬の日焼け対策を行って、美白を目指してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?