冬こそ危険!?冬でも紫外線対策が重要な理由

暑~い夏が終わって、もう日焼け止めとはさようなら!
紫外線対策は,日差しの強い季節だけで大丈夫と思っていませんか?

 

冬こそ危険!?冬でも紫外線対策が重要な理由


そんなあなたは要注意かもしれません、冬にも紫外線は降り注いでいるので、1年を通してしっかりと日焼け対策をする必要があります。
では、冬にはどの程度の対策が必要になってくるのでしょうか。

 

 

肌の老化を早める?紫外線とは


日焼けのダメージというと、紫外線が思いつくかと思います。
紫外線は、浴びているだけで肌トラブルの原因になり、シミやたるみ、シワなどを引き起こしてしまいます。
老化の4大原因とも言われていて、コラーゲンやエラスチンという肌のハリをキープする繊維を傷つけてしまいます。
考えてみると、お尻や太ももの内側に比べ、手の甲や顔は少しハリがないですよね?
紫外線を浴びる部位ほど、より老化が進んでしまっていることが分かります。

 

 

冬でも紫外線は降り注いでいる!


紫外線には、UVAとUVBの2種類があります。

UVAはガラスを通り抜ける性質があるので、室内でも肌に影響を与えてしまいます。
エラスチンやコラーゲンを変性させてしまうので、ハリが低下していく原因になります。冬は夏の3分の1ほどの量が降り注ぎます。

UVBは、肌に炎症や日焼けを起こし、肌荒れの原因となります。
夏に比べると冬は4分の1ほどに量が減ります。
そのため、冬場は目に見えてわかる日焼けはあまりしないものの、内側はダメージを受けているという状態になりがちです。

全体的に夏よりも紫外線の量が少ないとはいえ、油断していていると紫外線を浴びる量が増えてしまうので、肌トラブルが起こってしまうということになりかねません。
特にウィンタースポーツをする人は、気を付ける必要があります。
真っ白な雪は、太陽の反射率が90%もあるので、かなり紫外線を浴びることになってしまいますよ!

 

 

冬の紫外線ケア


まずは、保湿に力を入れましょう。
冬は空気が乾燥していることもあり、肌も乾燥しやすいです。
乾燥は肌のバリア機能を低下させてしまうため、様々な肌トラブルを引き起こします。
肌の持つバリア機能をしっかりと働かせるためにも、保湿をしっかりと行いましょう。

次に、日焼け止めを使って紫外線をブロックします。
肌が露出している部分に関しては、日焼け止めを塗っておくようにしてください。
毎日強い日焼け止めを使う必要はないので、日常的にはSPF20ほどのものを使ってみてください。

ウィンタースポーツなどのアウトドアで遊ぶ時には、真夏のレジャーと同じぐらいの日焼け止めを塗るのがおすすめです。
すでに紹介したように、雪による反射の影響が強いので、対策をしておかないと肌がダメージを受けてしまいますよ。

あわせて、美白ケアも行っていきましょう。夏の紫外線により、肌にはメラニンが蓄積されています。
夏に比べると紫外線が少ないこの時期だからこそ、美白ケアをして春までにメラニンを排出してあげるのがポイントです。
ここで手を抜いてしまうと、メラニンがドンドン蓄積されていき、シミが表面化してしまいますよ。

 

 

まとめ


冬の紫外線について紹介しましたが、いかがでしたか?
なんとなく夏に比べると紫外線が少ないと分かっていても、どれくらい紫外線があるのか知らない方も多かったのではないでしょうか。
冬でも意外と紫外線が多いので、状況に合わせて紫外線対策を行ってあげる必要があります。
外出をしなくても、洗濯物を干すだけでも紫外線は肌に当たってしまいます。
気を抜かないように気をつけてくださいね。白くてハリのある肌を目指して、紫外線対策を行ってみてください!