太もも付け根の外側が太い!効果的なダイエットとは

スキニーをキレイに履きたいのに、太ももの付け根の外側が張っているせいでスタイルが悪く見えてしまう。
そんな悩みを持つ方は、もしかしたら大転子の開きが原因かもしれません。

 

太もも付け根の外側が太い!効果的なダイエットとは


太ももの付け根をキュッと引き締めるには、どのようなダイエット方法が効果的なのでしょうか?

 

 

太もも付け根の外側が太い理由


太ももの付け根の太さには、大転子と呼ばれる骨が大きな影響を及ぼしています。
股関節の横あたりに位置する骨で、足を前後に動かしたときに動く骨です。
大転子が歪んでしまうと、太ももが太くなってしまうのはもちろんのこと、お尻も大きくなってしまいます。

骨の歪みから、体を支えようと太ももの外側の筋肉が使われます。
本来負荷がかかるべきではない場所に力が入り、その結果余計な筋肉がついて太く見えてします。
また、ゆがみから血流も悪くなるため水分やリンパが滞ってしまい、脚がパンパンにむくんで太くなってしまうのです。

 

 

大転子がゆがんでしまう原因は?


脚を組む癖がある、横座りをする、いつも同じ方向でカバンを持つなどの、体のどちらかに負担がかかる動きをしていると、大転子が歪んでしまいます。
靴の外側がすり減っていたり、立った時に膝が内側を向いている方は、大転子が開いている可能性が高いです。

ダイエットをしても骨の歪みが改善されていないと、なかなかお尻や太ももが細くなりません。
逆に、骨盤や大転子の歪みを正してあげれば、それだけですっきりと細くなる可能性があります。
また大転子の開きはO脚の原因にもなるので、まっすぐ足を目指すのであれば歪みの解消は必須です。

 

 

大転子を引き締めて太もも付け根の外側を痩せよう!


まずは、セルフケアで正しい位置に戻してあげましょう。
自宅で簡単にできる「股関節ゆらし」は、太ももがすっきりすると評判のエクササイズです。
① 足を肩幅より広く開きます。
② 大転子の右側に右手をあて、骨を押し込みながら骨盤を左にスライドしてください。
③ 上半身を自然に右に傾け、右太ももの内側の伸びを感じてください。
④ これを8回繰り返し、逆側も同様に行います。
靭帯や筋肉を引き締めてくれるので、股関節の可動域も広がりますよ。

次に、「開脚前屈ストレッチ」で太ももを伸ばしていきます。
① 床に座り、脚を90度以上に開きます。
② 息を吐きながらゆっくりと前屈してください。
③ 痛気持ちいいぐらい場所まで伸ばし、そのまま数秒キープします。
体が固い人は、お風呂上がりの血行が良い状態で、少しずつストレッチをして体を慣らしてあげましょう。
内ももを揉み解したり軽くたたいてあげると筋肉がほぐれ、比較的簡単に前屈ができるので、ぜひ試してみてくださいね。

タオルを使った大転子矯正も、かなりおすすめです。
① 床に横向きに寝てください。
② 大転子の下に丸めたタオルを置きます。
③ タオルを使って大転子を押し込むようなイメージで、力を入れてマッサージをしてください。
タオルはしっかりと固く丸めるようにしてください。
自分の体重を使って圧をかけられるので、力が弱い方でもうまく大転子を押し込むことができますよ!

 

 

まとめ


大転子の位置を戻してあげれば、脚の付け根の出っ張りは徐々に改善されていきます。
しかし、以前と同じ生活習慣を行っていると、また同じようなことが行ってしまいます。
脚を組んだり、がに股で歩かないように、日頃のクセを直していくようにしましょう。
エクササイズと生活習慣の見直しを行えば、必ず太ももは細くなります!
スキニーがスッキリ履ける美脚を目指して、ダイエットに励んでくださいね。